占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:393 hit、合計:261,435 hit

眠れない夜は ページ23

.

【秀一side】



『…A、とりあえず中に入ろっか。な?』



とにかくこのままじゃダメだと思い、俺はAを部屋へと通した。





東条 「え、Aちゃん!?」



部屋に入ると、案の定驚いている東条。



だけどAの様子を見て、何かを察したのか真面目な顔に変わった。





東条 「俺、ちょっと若林たちの部屋に行ってるわ。もし何かあったら連絡して」



『…ありがとな』



東条 「おう」



そう言うと東条はスマホを持って部屋を出て行った。









『A、とりあえずここおいで?』



「…うん」




二人きりの部屋。


俺はベットの上にAを座らせて、俺もその隣に座った。





「ごめんなさい。急に来て…迷惑だったよね」



『全然迷惑じゃないよ。…もしかして寂しかった?』



「…うん。秀くんとの電話楽しくてね…でも切れた途端寂しくなっちゃって部屋まで来ちゃった…」






…あぁー、可愛い。




Aには悪いけど、めっちゃ可愛いんだけど。



何その理由。Aは俺をどれだけドキドキさせれば気が済むの?




『わざわざ来てくれてありがとな。一人で大丈夫だった?変なヤツに声かけられなかった?』





来てくれたのはすごく嬉しいけど、Aがここまで一人で来たのかと考えるとすごく心配になる。



だって、こんな可愛い子が一人でいるんだよ?



ホテルには他の客もいるし、変なヤツにナンパでもされたら大変じゃん?




「…ん、あのね…ここに来る途中にのぶちゃんに会ったの」




…え?



のぶちゃんって、のぶお?



「秀くんのお部屋まで行きたいって言ったら、危ないからここまで送って来てくれたの。…チャイム鳴らしたらすぐに戻って行っちゃったけど…」




…マジかよ、のぶお。



それは有難いけど、のぶお一応教師だよね?



規則上、男女がお互いの部屋に行くの禁止になってるんだけど教師がそれ許してもいいの?



まぁ、俺的にはそれでよかったんだけどさ…。







「…秀くん」



『ん?』









「今日、ここに泊まってもいい?」





.

お泊まり→←突然の...。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (308 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2554人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なっちゃん(プロフ) - 向日葵さん» 向日葵さんありがとうございます!そう言って頂けてすごくすごく嬉しいです(o^^o)これからも頑張ります!! (11月23日 11時) (レス) id: 41899e9978 (このIDを非表示/違反報告)
向日葵(プロフ) - すごく面白かったです!ほんとに俺スカの話見たいで更新される度とてもワクワクしながら読んでました。これからも頑張ってください!応援しています! (11月23日 6時) (レス) id: 618b4809c9 (このIDを非表示/違反報告)
なっちゃん(プロフ) - れいなさん» れいなさん、ありがとうございます。そう言っていただけてすごく嬉しいです!参考にさせていただきますね (11月20日 8時) (レス) id: 41899e9978 (このIDを非表示/違反報告)
れいな(プロフ) - いつも更新されるの本当に楽しみにしていました!リクエストしたものも書いてくださり、ありがとうございます!!!!すっごく良かったです!!子供が産まれてからの続編が見たいです、!!宜しければぜひお願いします! (11月20日 1時) (レス) id: afce4b64e1 (このIDを非表示/違反報告)
なっちゃん(プロフ) - あやさん» あやさんありがとうございます!そう言っていただけてすごく嬉しいです(^ ^)参考にさせてもらいます (11月19日 23時) (レス) id: 41899e9978 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なっちゃん | 作成日時:2019年7月5日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。