占いツクール
検索窓
今日:332 hit、昨日:594 hit、合計:5,052 hit

3 ページ3

ひいろ side

年が明けてみんなでご飯食べたいと思い、自然とさとゆきのカフェに集まってたんだよね。

俺ら医者組が到着した時、既に歯科組は到着しててなんならさとゆきの手伝いしてたんだけど、、

あきとがまだ来てないんですよね、
なんか嫌な予感するな。
まあ年明けで仕事詰まってるかもしれない、というしょうへいの一言で待つことに決めた俺。


ただ待ちきれないさとゆきが電話したらしく耳傾けてたら

あきと、全然反応なくね??

ひいろ:さとゆき、どうした??

さとゆき:いや、返事無くて、、


あー勘が当たった気がするわー、電話を奪い、


ひいろ:もしもし、あきとー大丈夫?迎えに行くね。


さとゆき:おい、何すんだよー、俺があきとに電話したのに、、、、
というか今から車出すの?

ひいろ:酒入る前でよかったわ、行ってくる。たつやー、開けといてー。あいつ連れてくから。

たつや:ふぁ!!わかったよ。


さとゆき:ナニガアッタンダ??

だいき:さとゆきが嫌いなことだから考えなくていいよ。たつや、俺おかゆ作っとくから後で持ってくね。

たつや:さんきゅ、一仕事してきます。

しょうへい:僕、補助いくよ


キッチンで立ち尽くすさとゆきを除くメンバーはせかせかと動き始めた。

4→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.4/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
13人がお気に入り
設定キーワード:病系 , 医者   
作品ジャンル:その他, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いしのまき | 作成日時:2021年1月10日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。