占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:189 hit、合計:191,442 hit

12話 ページ16

「これだから貴方は...」

説教なのか、これは。

「なんで、キスなんかされたんですか...貴方は何でも許し過ぎるんですよ。」

「はい、すいません...」

別に執事とは付き合っては無いけど、告白されていて執事の白石の気持ちは分かってる。

だからこそ、白石は俺が許せないのだろう...

「到着致しました。帰りはすぐにここに来てください。もし、先生に止められて居残りしろと言われてもすぐに走ってここに来てください。なんなら、先生と話を((」

「分かった。分かったから、な?」

「分かりましたよ...では、いってらっしゃいませ。」

はぁ...随分過保護になったな。

後、兄貴と白石かぁー、絶対あの2人喧嘩するよな

ガラガラ

「おはようございます...」

あれ、誰もいない...あぁ、体育か...

ってことはセーフ!!

「何がセーフだ、バカ」

後ろを見ると、怒ってますオーラのホスト先生が机に寄りかかってた

「すいません...」

「でも心配した」

「は?」

「いつも見たいに高級車に乗った王子が来ないから事故にでも合ったかと思って」

そう言って、抱き付かれた

「すいません...」

「許す...お前いい匂いする...」

俺の首元にホスト先生が顔をうめた...が無駄に息をかけてくる...

埋めるぞ、ホスト

「ちょっ、...ん、...止めて下さいっ......」

「感じてるの?」

「違います。くすぐったいんですよ...ほら...またやるっ...」

「可愛いんだもん。無駄に色気のある声出しちゃってさ、私服だし余計そそる」

この...ホスト野郎が...

「先生っ...やだっ...」

「お前は女子か」

「てめぇのせいだろうが」

「あー、口悪くなった」

「そろそろ離せ」

学校来た意味ねぇじゃん

「んー、千秋先生が大好きです。って言ったら離れる」

「誰が言うか」

「じゃあ、2人で保健体育の実技d」

「千秋先生が大好きです。(棒)」

変態ホスト先生...警察呼びますよ...

「棒読みだからダーメ」

「ちょっ...首はもう勘弁してっ...」

「じゃあ、今言って、」

「バカじゃねぇの...」

「離さないよ。」

「千秋先生がっ...大好きッ、です...」

「今の誘ってる?」

「殺すぞ。」

「わー、怖い...体育いってらっしゃい?」

「いってきまぁーす」

マジで最近、何なんだよ...

13話→←コメ返しぃぃぃぃ!!!



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (275 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
588人がお気に入り
設定キーワード:BL , 男主 , オリジナル
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- お兄さんイケメンです!襲ってほすぃ(///ω///)♪頑張ってください! (10月19日 17時) (レス) id: 18eef0c4f5 (このIDを非表示/違反報告)
すず - でもお話は大好きです、これからも頑張ってください! (2月12日 12時) (レス) id: b7e53d3f23 (このIDを非表示/違反報告)
すず - 自分がマイペースなせいか展開についていけない…すみません。 (2月12日 12時) (レス) id: b7e53d3f23 (このIDを非表示/違反報告)
流星隊P - 執事さんが大好きすぎる!!!!! (2月11日 14時) (レス) id: bd4ac3bba0 (このIDを非表示/違反報告)
☆Tristar☆@無気力と林檎が好き(プロフ) - …着いて行きます!…先生格好いい! (2月10日 15時) (レス) id: f3dec9b955 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:空音 | 作者ホームページ:     
作成日時:2017年1月10日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。