占いツクール
検索窓
今日:44 hit、昨日:11 hit、合計:14,857 hit

act2-5 ページ15

「!!!」




体が震えた



とても遠くから、しかしそれほど離れた場所からでも感じる、強大で禍々しい邪気



しかし今はそれを探っている状況じゃない


目の前の妖魔の足止めをしないと!







一瞬、遠くで感じていた邪気が揺らいだような気がした



・・・揺らいだ、というより、何か動きがあった?というような・・・



遠過ぎてはっきりしない・・・








刹那、妖魔の前に張られていた結界が、突然バリン!と音を立てて砕けた




「きゃっ・・・!」


衝撃を受け、私は後方に倒れた



「・・・どうして・・・?」


戸惑いを隠せない



油断をしていた訳でも、力を弱めていた訳でもない


妖魔の攻撃を受けても、簡単に壊れるような事はないはずだった


そう思っていたのに・・・




しかし、あれこれ考える余裕などなかった


信じられない現状に困惑する私に向かって、妖魔が跳びかかってくる


反応が遅れ、私は目を瞑るしかなかった



















覚悟した衝撃は来ない



代わりに、何かがぶつかる激しい音と、妖魔の悲鳴に似た雄叫び




そして・・・




?「間に合った・・・!」



という、優しい声が耳に届いた






ゆっくりと目を開けると、妖魔が遠くに飛ばされている


何が起こったか分からず呆然としていると、後方から足音が聞こえてきた




?「お、結構吹っ飛んだな、俺すげー」

?「呑気なこと言ってる場合か!さっさと仕留めるぞ」


それは、男性二人の声だった


足音も彼らのものだろう



会話から察するに、二人が妖魔を攻撃し、私を助けてくれたと思われる


助かったことに安堵し、少し気持ちが落ち着いた


里の人達が呼んでくれた人達かな?






振り返り、私を救ってくれた人達の姿を確認する

act2-6→←act2-4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
81人がお気に入り
設定キーワード:NEWS , ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

天照(プロフ) - ゆうみさん» ありがとうございます!いつも読んでいただけて光栄です。展開が早くてついていくのが大変かもしれませんが、今後とも応援いただけると本当に嬉しいです。これからの更新も楽しみに待っていてください。 (5月31日 19時) (レス) id: e770dcdb6d (このIDを非表示/違反報告)
天照(プロフ) - レンカさん» ありがとうございます!投稿を楽しみにして下さり嬉しい限りです。気遣っていただけ手感謝感激です。これからも楽しんでいただけるよう更新頑張ります。どうぞこれからもよろしくお願いします。 (5月31日 19時) (レス) id: e770dcdb6d (このIDを非表示/違反報告)
ゆうみ(プロフ) - 毎日更新ありがとうございます!毎日楽しみにしています。移行後は更新頻度が多くなるとのことですが、とても嬉しいです!ですが無理なさらないようにしてください。これからも楽しみにしています! (5月30日 21時) (レス) id: bea5fb83fd (このIDを非表示/違反報告)
レンカ(プロフ) - 天照さん!お疲れさまです!いつもいつも投稿を楽しみにしております!投稿頻度をあげるというのはとても大変だと思うので天照さんのペースで無理をせずに頑張って下さい!これからの投稿も楽しみにしています! (5月30日 20時) (レス) id: 8cec4dd1ab (このIDを非表示/違反報告)
天照(プロフ) - みかんタルトさん» ありがとうございます!いつも感想を下さり凄く嬉しいです!な、何と光栄なお言葉・・・!これからもみかんタルト様に楽しんでいただける作品を、全力で執筆いたします!これからもよろしくお願いします。 (5月6日 18時) (レス) id: e770dcdb6d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:天照 | 作成日時:2019年5月5日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。