占いツクール
検索窓
今日:59 hit、昨日:290 hit、合計:45,303 hit

Snow Manに加入? ページ9

向井side




俺たち関西ジャニーズJrは、これまでガムシャラに頑張ってきた。


文一くんや、今まで一緒に頑張ってきた仲間との別れもあったが、それらを乗り越え、俺たちは這い上がれるように頑張ってきた。





そして遂に、やっと、俺たち関西ジャニーズJrにも光が訪れた。


公式ユニットの結成───爐覆砲鐫忙勠






でもそこには、大吾と流星と一緒にメインでやらせてもらっていた俺と龍太くんとAの名前は無かった。


正直悔しい。なんで俺たちはここに入れなかったんやろうって。
でもそれと同時に誇れたんだ。やっと関西ジャニーズJrにスポットライトが当たるかもしれないって。



そんな複雑な思いをしながら活動していた、俺とAに思いもしない話があがった。




向井「………Snow Manに加入?」




きっと誰も予想してなかっただろう。こんな話があがるなんて。






………でも、もしかしたらこれが俺にとってはラストチャンスなのかもしれへん。




そう思ったら、俺はいつの間にか承諾の返事をしていた。Aとはなにも話し合わずに。




.




俺が返事をした数分後、Aが俺のもとへやってきた。




「ねぇ、康二。加入の話さ……」




向井「うん……」




「もちろん康二は、行くって言ったよね?」




向井「………うん。ラストチャンスかもしれへんから…これに賭けてみようって思った」




「うん、そうだと思った」




向井「Aは?Aも行くやろ?」




あのとき、Aとは話し合わずに返事をしてしまったけど

俺はAもきっと行くと返事をすると思って、はい。と返事をした。



なのに、なのにさ




.




───…「ううん、私は行かないよ」




.




なんて、言ったんだ




.




向井「………え?」




「私は、行かないよ。ここに残る」




向井「え、いや…なんでよ。チャンスかもしれへんねやぞ?賭けてみるしか、ないやろ…っ」




「……康二が1番わかってるやろ?」




向井「なにをだよ…」




「私が行ったら、Snow Manさんに迷惑かけるってこと」




向井「………なに言うとんねん」




まだ……まだそんなこと言ってんのかよ



まだ、自分のせいでとか言ってんのかよ………

お前がいなきゃなにもできひんねん→←はじめまして、Snow Manです



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (100 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4091人がお気に入り
設定タグ:SnowMan , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しょうのん。()(プロフ) - 美紀さん» コメントありがとうございます!嬉しいです。頑張ります!美紀さんもコロナウイルスに気をつけてくださいね(;_;) (9月29日 1時) (レス) @page12 id: 90e59fc0fe (このIDを非表示/違反報告)
美紀(プロフ) - SnowMan大好きです亮平君と翔太君と涼太君寄りのオール担当です最高です更新大変だと思います頑張ってください応援してますコロナウイルスに気をつけてくださいね (9月18日 10時) (レス) id: e19dcb272d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しょうのん。() | 作成日時:2021年9月15日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。