占いツクール
検索窓
今日:950 hit、昨日:136 hit、合計:41,357 hit

ただの嫌がらせ ページ6

向井side




室龍太「結構踊った後やで?Aは休憩無しかよ」




西畑大吾「Aちゃん、大丈夫ですかね…」




大西流星「…さすがにしんどそうですね。僕たち、どうしたらいいんでしょう」




みんながみんなAの方を見て、心配している。



そんなとき、フラっとAの足元が崩れた。




向井「あっ……」




「はぁ…っ、あの、少し休憩させてください…、」




*「お前に休憩してる時間はないだろ。休憩時間なんか削れ」




そんな声が聞こえた。

そしてまた踊らされ、汗を流し息切れをし、水も飲んでいないAを見るのは辛かった





室「もう止めるしかないやろ」




浜中「龍太やめろ」




室「いや、でもあれじゃ───」

浜中「俺が言うからお前は待っとけ」




こんな時頼りになるのは、1番先輩の文一くんなんや。




浜中「あの、すんません」




*「なんだ」




浜中「さすがにもう、休憩させてやってください」




*「この子に休憩なんかいらないからお前らは気にすんな」




浜中「いや、俺らはおぎの体調を心配してるんです」




*「…は?」




浜中「こいつ、もう倒れそうなんで止めさせてもええですか」




*「いいわけないだろ」




浜中「気に食わないからですよね」




*「…っ、」




浜中「こいつのこと、気に食わないからわざと酷なことさせてるんすよね。…はぁー。それでもあんたは大人かよ」




*「お前なぁ、!」




浜中「誰かに言ったとしても俺はどうにもなりませんよ。ここにいるみんながあんたがしたこと見てんだ。どっちが有利かは、わかりますよね」




*「……っ、」




浜中「とにかく、おぎは返してもらいます」




きっともう体力の限界だったであろうAの肩を抱き、俺たちの元に戻ってきた

よく頑張った→←春が苦手になっちゃってさ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (95 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4091人がお気に入り
設定タグ:SnowMan , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しょうのん。()(プロフ) - 美紀さん» コメントありがとうございます!嬉しいです。頑張ります!美紀さんもコロナウイルスに気をつけてくださいね(;_;) (9月29日 1時) (レス) @page12 id: 90e59fc0fe (このIDを非表示/違反報告)
美紀(プロフ) - SnowMan大好きです亮平君と翔太君と涼太君寄りのオール担当です最高です更新大変だと思います頑張ってください応援してますコロナウイルスに気をつけてくださいね (9月18日 10時) (レス) id: e19dcb272d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しょうのん。() | 作成日時:2021年9月15日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。