占いツクール
検索窓
今日:127 hit、昨日:29 hit、合計:38,285 hit

魅惑の旋律 吸血鬼エリート…14 ページ33

その後、Aと鬼太郎は斗真の父親から謝礼は受け取らなく、鬼太郎の家でねずみ男から愚痴を聞かされていた

ねずみ男「何だよ!謝礼は受け取らなかったのかよ?相変わらず甘ぇな」
A「ねずみ男…」
ねずみ男「何だよ!」

A「ありがとう」

Aが突然礼を言いは?と首を傾げた

A「私の事、守ってくれたから…それに、名無しの時鬼太郎を叱ってくれたって聞いたからお礼言いそびれちゃって…ありがとうねずみ男」

うっ…と顔を赤くし照れるねずみ男

鬼太郎「お前にも良い所があったんだって改めて感じたよ。僕からもありがとう。ねずみ男」
ねずみ男「ま、まぁな!俺様にかかりゃ此れくらい朝飯前よ!」

猫娘「何が朝飯前よ!いっつもAと鬼太郎をお金儲けの為に裏切ったりして!少しは自重しなさいよね!!」
ねずみ男「はぁ!?オメェに言われたくねーんだよ!!」
猫娘「何ですってぇぇ!!?」


猫娘とねずみ男がまた喧嘩をし出しはぁ…と褒めたばっかりなのにと溜息を吐いた

目玉おやじ「A、治めてくれんか?」
A「んー…ねずみ男」

ねずみ男「あ!?」

A「ラーメンでも食べに行かない?前に行こうって言ったでしょ?」


ニコッと笑みを向けると喧嘩がすぐに治る


ねずみ男「お前と鬼太郎の奢りだぞ?」
鬼太郎「あぁ」

何故かねずみ男は肩を落とし金無いもんな…と溜め息混じりで言う

魅惑の旋律 吸血鬼エリート…15&予告→←魅惑の旋律 吸血鬼エリート…13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
98人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SARASA - 嬉しいです。ヘ(≧▽≦ヘ)♪ 是非作ってください。お願いします(*ゝ`ω・) (6月3日 2時) (レス) id: 05fe82c2f4 (このIDを非表示/違反報告)
勿忘草(プロフ) - SARASAさん» コメントありがとうございます!本当に嬉しいです(*´ー`*)短編集でしたら更新が遅いですが作っていますので宜しければ是非!(`・ω・´) (6月2日 21時) (レス) id: d96a732bee (このIDを非表示/違反報告)
SARASA - 鮮血の貴公子ラ.セーヌとても面白かったです。(^ー^)想像してたのと同じでとても嬉しかったです。できなければ良いのですが、短編集とかできませんか?とても面白い作品なので、ぜひ短編集をつくってほしいです。(*´∀`) (6月2日 20時) (レス) id: 05fe82c2f4 (このIDを非表示/違反報告)
深雪 - 13話しゅじんこうのきもの、どこまでぬげたのか、わかりません。 (6月2日 9時) (レス) id: 8e88cca1a9 (このIDを非表示/違反報告)
勿忘草(プロフ) - 深雪さん» 説明不足ですみませんでした。説明に追加しておきました…( ̄▽ ̄;) (6月2日 8時) (レス) id: d96a732bee (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:勿忘草 | 作成日時:2019年5月2日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。