占いツクール
検索窓
今日:77 hit、昨日:144 hit、合計:50,284 hit

怪事!化け草履の乱…11 ページ6

ポロポロ涙を零す化け草履

化け草履「ずっと勇夫に大事にされていると思ってた…」
「っ!(親父がお守りにしてた草履さんなのか?)」

化け草履「それなのに俺は勇夫に見捨てられたんだ!如何して!!」

A「…」
鬼太郎「…っ」


化け草履はAに飛び付き泣き出す。Aはそんな化け草履を優しく背中を撫でた…そんな可哀想な光景に鬼太郎は悔しげな表情をしていた

「それは誤解です!」

勇夫の息子が叫び、化け草履に歩み寄る

「草履さん、私達は今日…貴方達を引き取りに来たんです」
化け草履「ぐすっ…へ?」









そして次の日、化け草履含む付喪神達を車に乗せてとある田舎へと向かっており、Aと鬼太郎も一反もめんに乗って向かっていた

そして、田舎にひっそりと佇むバリアフリーの家に着く。化け草履は外に出て佇み息子が家に入って…そして


「また会えたな。草履さん」

化け草履「へ…?」

化け草履が顔を上げると注射薬と車椅子に乗った勇夫の姿が目に映り込み、勇夫はニコッと笑っていた



そして、中へ入り…Aが見舞い用の花を飾り、息子達が全てを語る


「父は知り合いに貴方達を送ろうとしていたんです」



「「「「え?」」」」

怪事!化け草履の乱…12→←怪事!化け草履の乱…10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (50 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
89人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:勿忘草 | 作成日時:2019年2月2日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。