占いツクール
検索窓
今日:40 hit、昨日:84 hit、合計:50,440 hit

百々爺の姦計 妖怪大裁判…1 ページ11

それはある日、鬼太郎の家に突然烏天狗達がやって来て鬼太郎を取り押さえた所から始まった…。

鬼太郎を助けられない様に烏天狗がAを抑え込む


鬼太郎「っ…小次郎さん、これは一体」
小次郎「鬼太郎さん貴方を逮捕します」

A、鬼太郎「「ぇ…!」」
目玉おやじ「なっ…!」










猫娘「…それで?如何して鬼太郎は逮捕された訳?」
一反「そうたい!どげん罪があると?」

目玉おやじ「…それがのぉ」










A「ま、待って下さい!鬼太郎は一体如何いう罪で逮捕されるんですか?」
小次郎「ゲゲゲの鬼太郎。貴方には一つ目小僧への抹殺罪で逮捕状が出ています」

A「そんな…何かの間違えです!」
「大人しくしていろ!」
A「きゃ!」

Aがつい叫ぶと烏天狗に少し強めに腕を掴まれる…だが、相手が九尾族の姫君なのを知っているのか烏天狗も手荒な事は出来ない

鬼太郎「A…」

A「っ…一つ目小僧は何もしないで妖怪ですし、鬼太郎が抹殺をする訳がありません!」
小次郎「…申し開きは妖怪大裁判でなされよ!」

鬼太郎を立たせて両手を蛇で拘束させられる

連行させられた事によりAは烏天狗から解放された

鬼太郎「A!父さん!」


A、目玉おやじ「「鬼太郎!」」




鬼太郎「A!父さん!」



そして鬼太郎は連行されて行った

百々爺の姦計 妖怪大裁判…2→←百々爺の姦計 妖怪大裁判…プロローグ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (50 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
89人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:勿忘草 | 作成日時:2019年2月2日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。