占いツクール
検索窓
今日:23 hit、昨日:0 hit、合計:5,645 hit

21 ページ23

「本当にアンタが
憎たらしい...!!」

殺意をむき出しにする
アバターはレイの
前髪を引っ張った。

レイ「...っ」

「相変わらず気持ち悪い
片目をしてるよね、
あー思い出すなぁ
ちょっといじっただけで
勝手に死んだアイツの顔そっくり!」

レイは目を見開いた。
目の前にいるアバターの
顔を見ていると
だんだんと浮かんできた
制服を着て、金髪のあの女が。

レイ「...ぁ...あぁ...っ」

身が凍りつくような
感覚に襲われた。
思い出した。
このアバターの持ち主は...
するとそのアバターの後ろから

「そろそろ止めたら?
僕、名前も分からない
お前のことを、刺してしまいそうだ。」

そこにいたのは
ログアウトをしたはずの
あすてぃるがいた。

「...チッ!」

舌打ちをしたあと
レイを投げ捨てた。

レイ「ぅっ!」

あす「...!」

あすてぃるはアバターを見て
剣で突き刺そうとしたが
よけられたのだ。

「本当にレイ!
アンタは馬鹿だね!
いい気になるなよ!!
もう計画は進んでるからな...!」

そう言うとアバターは消えていった。
どうやらあればウイルスに
侵食されてるが
少しだけ自我があるアバターのようだ。
あすてぃるはレイに
近づき肩を掴んだ。

あす「レイ、大丈夫!?」

レイ「...ぁ.....。
...ハ、イ...
何ノ支障モアリマセン。
ソレヨリ何故ココニ...?」

正気に戻ったレイは
あすてぃるに問いかけると

あす「...どうやら
僕達の携帯、PCでクロノスの中を
監視できるようにされたんだ。
たまたま見ていたら
あんな感じに...ね。」

レイ「...ソウデスカ...」

22 △→←20



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.4/10 (24 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
6人がお気に入り
設定キーワード:名前変換オリジナル , ゲーム , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白髪のハサン - 次回が楽しみですな( ^_ゝ^)ニッコリ (5月21日 1時) (レス) id: 07cb793b89 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:屍人 | 作者ホームページ:http://kurokotan  
作成日時:2017年5月19日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。