占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:11 hit、合計:36,707 hit

【未来へ】1 ★ ページ38

★ゆづサイド

翔が生まれて1ヶ月。氷の神殿での生誕の儀も昨日無事終了し、ようやくAたちが本来の部屋に戻って来てくれた。

子供を生んだ後は、ゆっくり体力を回復させなければならないので、今日までずっと特別室で過ごしていたのだ。

「懐かしいにおいがします…。」

もうすっかり元通りのぺったんこのお腹になったAが、翔を抱っこして入ってくるなり呟く。

「でもちょっぴり模様替えして新しくなった場所もあるよ。翔の産着やベッド置いたりしてさ。」

俺たち夫婦の希望で、出来るだけ自分たちで子育てしようと、夜中以外はここで過ごせるようにしてもらった。

一般家庭に比べて色々制約はあるけど、なるべく普通に育てたいなと思ったのだ。

「では王子さま方、私は隣の部屋におりますので、ご用の際はなんなりとお申し付けください。」

「あ、うん。ありがと。」

礼をして付き添いの乳母が去ってゆく。
そうして扉が閉まり、ようやく訪れるプライベートな空間に、ほっと心が落ち着く。

「王子さま。」

「ん?」

すると不意にAが改まって、普段とは違う呼び方をしたので何事かと思って振り向くと…。

「ただいま、戻りました。」

翔を抱いたまま一度深々とお辞儀をした。
それはまるで、自分の居場所はここなんだと俺に伝えているようでもあり、無事に大仕事を終えた充実感を、共有しようとしているようでもあり。

「おかえり。待ってたよ。」

そんな妻へ、自分も改めてそう告げると、にこっと笑ったAの背中に手を回して、さらに部屋の奥へと促す。

短い距離とはいえ、こうやって一緒に歩くのも久しぶりだな。
でもまずは翔を寝かせてあげようと、リビングに置いたベビーベッドに先回りして掛け布団をめくる。

「ありがとうございます。…翔くん、おうちへ帰ってきたよ。」

「うちなの?ここ。」

「おうちです。」

Aがそーっと翔をベッドに置く。
ただ部屋から部屋へ移動しただけだけど、A的には一軒家のようなくくりにしているのが面白い。

「ふふ。何見てるのかな。」

真新しい寝具に寝かされた翔は、一応起きてはいるものの、きょとんとした表情で目をぱちぱちしているようだ。
それを二人でのぞき込みながら、幸せを噛みしめて…。

【未来へ】2 ★→←【伝わってない】6 ★



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
102人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鹿(プロフ) - yuccoちゃんさん» 出産シーンはあまりリアルになり過ぎず、気を付けたのですが^^;羽生さんなら立ち合いそうじゃないですか?いつか本人も、親になってほしいです^^ (6月24日 17時) (レス) id: ac41a7df10 (このIDを非表示/違反報告)
鹿(プロフ) - りんりさん» ありがとうございました!何度でも読んでください^^私も読みます!とっても長いので、時間のあるときにでも。いつでもお気軽にコメント書いてくださいね!妄想を受け止めてくださり、ありがとうございました! (6月24日 17時) (レス) id: ac41a7df10 (このIDを非表示/違反報告)
yuccoちゃん(プロフ) - 完結おめでとうございます!とても楽しく読ませていただきましたー!やっぱりゆづは王子だよね!(´ー`*)次の作品も楽しみにしています。出産シーンのゆづが駆けつけて来た時の表現にキュンキュンしました!(*´ `) (6月23日 22時) (レス) id: f1f31ef53f (このIDを非表示/違反報告)
りんり(プロフ) - 初めまして。氷の国、ずっと楽しく読ませていただいていました。完結、おめでとうございます^^私ごとながら先日、FOIにて初めて結弦王子を生で見て、もう一度この小説を最初から読みたい気持ちに駆られています。次作も楽しみに読ませていただきますね! (6月23日 17時) (レス) id: 6a04cdba45 (このIDを非表示/違反報告)
鹿(プロフ) - 心菜さん» やっぱりその時その時に羽生さんを投影させていると、楽しいです^^あれもこれもまだ書いてないエピソードもありますが、ちょっと気分転換もいいかなと、ちょっと強引に終わりましたが^^;また何か書ければいいなと思います! (6月13日 17時) (レス) id: ac41a7df10 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鹿 | 作成日時:2019年5月25日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。