占いツクール
検索窓
今日:73 hit、昨日:599 hit、合計:25,147 hit

赤×桃 ページ37

当たり前なんやけどな。
しげの口数が少ない。
というよりも話していない。

怖いよな、昨日の今日やし、またなにかされるかもしれへんし。

桃「大丈夫やって」

赤「小瀧…」

桃「俺守ったるで?」

赤「…優しいな小瀧は!ありがとう!」

少し気持ちを取り戻したしげと、あの男の家へ向かった。


桃「しげはここおってええから」

俺はしげを俺の後ろで待たせた。

インターホンを鳴らすと、すぐに昨日の男が出てきた。

桃「荷物取りに来たんやけど」

男「あ、あぁ。ちょっと待ってて」

男はまた家に入っていった。

しげは怖いのか、俺の手を握っている。

赤×桃→←赤×桃



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
69人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズwest , こたしげ , JW   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:・み・ | 作成日時:2019年5月22日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。