占いツクール
検索窓
今日:28 hit、昨日:248 hit、合計:25,900 hit

赤×桃 ページ17

あれから3日、俺はずっと学校に行けてない。

桃「未練たらたらやな…」

なにをしてても考えるのはしげのことで、ほんまに好きやったなって。

やけどあいつは俺のことなんか全然好きやなかったんやな。

あまりにも虚しい自分を笑いたくなった。

スマホを開けばいつか撮ったしげとのツーショット。

写真なんかしげで溢れかえっている。

写真の中のしげは全部笑顔。
俺はしげの隣に写るのが恥ずかしくてあまり笑えてない。

コクってから1ヶ月の日に撮った写真は、少ししげの顔が赤くて、緊張してるはずやのに、手は俺の肩にまわしている。

二人で初めて出かけたときの写真のしげは、いつもと違う服で、俺の好みに合わせてくれたって言ってた。

桃「…なに泣いてんねん」

もうあんなに泣いたはずなのに、まだ溢れてくる。

桃「…好き…やのに…なんでなん…!」

終わったはずなのに、俺の心はしげでいっぱいになったまま。

早く諦めなきゃいけないのに、しげを苦しめるだけやのに、心は言うことを聞いてくれない。

桃「…好きや…」

スマホを閉じて、寝ようとしたとき、家のインターホンがなった。

しげやったらいいのに、なんてそんなこと絶対ありえへんのに期待してしまう自分がいる。

ガチャ

青「望。久しぶり」

緑「なんか色々買ってきたで」

桃「…ありがと」


友達にも気遣わせてなにしてんねん。

やけど今だけは、この二人に頼りたかった。

青「今日はな、とことん話しまくる日やで」

桃「なんなんそれ笑」

緑「なーんでもええねん!楽しいことも嬉しいことも嫌なことも全部吐き出す日やで!笑」

桃「おう」

それから3人で色んな話をした。

俺がいない間の3日間、あの担任またアホなことしてたんやってさ。

教師やのにしっかりせぇって感じやけど。


緑「けっこう話したな〜」

時間はもう17時を過ぎていた。

赤×桃→←赤×桃



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
69人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズwest , こたしげ , JW   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:・み・ | 作成日時:2019年5月22日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。