占いツクール
検索窓
今日:197 hit、昨日:843 hit、合計:78,492 hit

にー ページ3

「柊先生どうしたんすか?
顔真っ赤っすよw」

あいかわらずケラケラ笑うのは、おれと同じくこの月弓保育園の保育士
水崎 奏馬くん。


柊「べ、別になんでもない!」

奏馬「んなわけないっすよねー?
話してくださいよ、そうじゃないと…」

柊「ひゃっ……!!」


いきなりお尻を触ってくるから変な声がっ…!


柊「ちょ、なにやって…」

奏馬「なにって、ナニですよ。
話してくれないなら、ほんとにこのままナニしまけど」

柊「わかっ、た…話すからぁ
おねがい、もっやめて…」

奏馬(やっぱ感度いいよなーこの人。)
「そうこなくっちゃ!」

何気に奏馬くんには逆らえない。



奏馬「で、どうしたんすか?」

柊「東雲さんに、ちょっと…」

奏馬「はい?」

突然表情が険しくなった
あれ、奏馬くんは遼くんの本性知らないはずだけど…

でも、奏馬くんは変なところで察しがいい
もう気づいててもおかしくないかもしれない。


奏馬「それで、東雲さんになにされたんすか」

一気に距離が近くなって奏馬くんの顔が目の前までくる

柊「い、いや、特に何されたというわけじゃないけど」

奏馬「ふーん、そっすか。…じゃ俺もう行きます」

柊「え?うん…」

なんか、怒ってる?気を損ねるようなことしたかな…
まぁ、詮索されなかったしいっか

さーん→←いーち



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (298 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
633人がお気に入り
設定キーワード:男主 , BL , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Akari | 作成日時:2017年3月19日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。