占いツクール
検索窓
今日:541 hit、昨日:476 hit、合計:197,267 hit

40(F) ページ20

リハが終わるとすぐ、仕事モードが切れた北山はスタジオを出て行った。

楽屋に戻ると、大倉くんと着替えが終わった北山が並んで歩いてきた。
すれ違いざま、俺の香りがまだついていたことに振り向きそうになった。

「なんかミツ、いい匂いしてたね」

千賀がすれ違った北山に手を振り、隣を歩く宮田に話しかけた。
どっかで嗅いだことあると言う千賀に、宮田は実は振り付け間違えたんだと話を逸らしていた。

ニカや千賀は先に帰って
俺は少し遅れる渉を待って楽屋で本を読んでいると、宮田が入ってきた。

「あれ? ガヤさん、まだいたのー?」

「ああ。渉待ってる」

「俺スマホどっかに・・・あ、あったあった」

カバンを置いていたところに落としていたらしい。
拾ってジーンズに入れてすぐに出て行くと思った。

「・・・あのさ、あの、・・・えっと」

宮田は何も聞いてこないけど
俺が北山に何かしたってことは気づいてるんだろう。
特徴的な鼻をポリポリ掻きながら言いにくそうに下を向いた。

「なに?」

なるべく優しく促すと
思ったより強い瞳が真っ直ぐ向けられた。

「ガヤさん。・・・心ってどこにあると思う?」

いきなり何の話だろう。思いながらも心臓を指し、ココ? と聞いた。

「そこにあるのは、酸素を吸って血を体中に送るポンプだよ」

ふんわりと優しい顔に見える宮田の顔はただの地顔で、今は笑っていなかった。

「心ってね、例えば、俺とガヤさんが向き合って、初めて俺達の間に生まれるんだよ。体の中にはないんだ」

宮田は手をぐっと握って、それを自分の目の高さまで上げた。

「何かを考えるとき、誰かを想うとき。そこに心が生まれる。・・・アニメの受け売りだけどね。その台詞、かっけーと思って、ずっと覚えてるんだけどさ」

手を開くと首の後ろを掻いて、癖のない笑い声でいつもの宮田の顔に戻った。

「だから・・・記憶よりも、今ある心で、向き合ってほしい」

それだけ言うと、逃げるようにじゃあまた明日ね! と宮田は出て行った。

誰と、なんて。
言われなくても分かって。

締め付けられる心臓に、やっぱりここにあるんじゃないかと苦笑した。

41(Y)→←39(Ki)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (630 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1045人がお気に入り
設定キーワード:藤北
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

仙花(プロフ) - neeさん» 完結まで時間可かかってしまいましたが、なんとかハピエンになったかな?と思います!こんなグダグダしてしまった話にお付き合いいただいて、本当にありがとうございました!! (10月31日 23時) (レス) id: 8a1a1633ec (このIDを非表示/違反報告)
nee(プロフ) - 完結おめでとうございます!似た者同士の2人がもどかしく愛しく、楽しみに読ませて頂きました。やり直し不可の予兆の様なラストも素敵でしたがやはりハピエン幸せです…素敵なお話ありがとうございました!追いつめられて?幼い子みたいに無垢になるkさんが好きです(萌 (10月31日 16時) (レス) id: 12047e6bea (このIDを非表示/違反報告)
仙花(プロフ) - yikumiさん» そんな風に仰っていただけて恐縮です;あんなに更新サボっていたにも関わらず、最期までお付き合いいただけて本当に嬉しいです。ありがとうございました! (10月30日 21時) (レス) id: 1357e7263a (このIDを非表示/違反報告)
仙花(プロフ) - SIZUKUさん» 終わらせたのに追加みたいな感じですみません;;でもちょっと書きたかったのでw  (10月30日 21時) (レス) id: 1357e7263a (このIDを非表示/違反報告)
仙花(プロフ) - 充瑠さん» 充瑠さん、こんばんは!あ、書き忘れた!とオマケを書いてしまいましたw 推敲しないからこうなる・・・すみませんでした^^; (10月30日 21時) (レス) id: 1357e7263a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:仙花 | 作成日時:2017年10月14日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。