占いツクール
検索窓
今日:86 hit、昨日:1 hit、合計:127,196 hit

22(Ki) ページ2

胸にまとわりつく重苦しいものの正体はわかってる。
ただ、払拭の仕方が分からないだけだ。

仕事のためグループに用意されていた楽屋に向かえば、みんながいる。
もちろん藤ヶ谷も。

ドアの前で少し躊躇うのすら胸がキュッとする。
こんな気持ち、ほんと、さっさとなくなってしまえばいいのに。

フンッ! 勢いよく鼻息を出してドアに手をかけた。

「うぃーす」

「みつおはよー」

「早いじゃんニカ」

さっそく話しかけてきたニカに応じて喋り出す。
その向こう、横尾さんと・・・

アイツの顔を見たくなくてキャップのツバを下げた。



「今日さー、終ったあとサウナ行かない? まだ行ったことないとこ見っけちゃったんだよね」

「へぇ、まだそんなとこあった?」

「うん、ちょっと遠いけど、行けなくはなくない?」

ここ、とスマホの地図を見せてくる。

「えー、タクシー?」

「いいじゃん、その方がどっちもビール飲めるし」

確かに、サウナ後のビールはまた格別だったりする。
いいね、と見上げて笑って見せると、ニカは少しほっとした顔をした。

そこで気づいてしまった。

ちょっと、俺のこと心配しちゃってるんじゃないか、なんて。



「今日は俺が店も考えるからさ。みつは俺の接待受けてよ。あ、あとさ、この前言ってたアーティストのDVDようやく見つけたからさ、見ようよ」

「へぇ、よく見つけたな」

「でっしょー」

「それスタッフさんが見つけてくれたヤツじゃん」

千賀にそう突っ込まれ、ああ、俺の手柄だったのにと笑うニカに、
いつもの双子との時間をいつものように過ごせることに、自信がついた。

この空気の中だったら、乱れてしまった俺の気持ちもなんとか立て直すことができる。


藤ヶ谷と横尾さんが何をしゃべっているのか、
俺にはわからなかった。

23(F)→←0(F)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (415 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
990人がお気に入り
設定キーワード:藤北
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

仙花(プロフ) - yikumiさん» こんばんは!ちょっと一気に書ききれなそうでして、あと今日はいろいろあってw 目標は今年中に・・・と思ってます;; (9月17日 23時) (レス) id: ed936de415 (このIDを非表示/違反報告)
yikumi(プロフ) - 仙花さん、今晩は。更新を楽しみにしておりました。藤ヶ谷さんのところに北山さんが現れて、どうなるのでしょうか。気になっています。記憶が継続しているところも失っていた時も藤ヶ谷さんである事には変わりはないのですが…。複雑に想いが絡み合っていて切ないです。 (9月16日 22時) (レス) id: b2d5f85776 (このIDを非表示/違反報告)
仙花(プロフ) - SIZUKUさん» 見失いがちでなかなか内容が進まなくてすみません;;もっと前後をきちんと考えてから書けばいいんですけど、ついその場で書いちゃうので見失いがちですけど、なんとかしたいとは思ってます;; (9月7日 22時) (レス) id: de459dc7d4 (このIDを非表示/違反報告)
SIZUKU(プロフ) - 仙花さーーん!始めの始めからまた読み直して時差ありです笑 更新ありがとうございます。嬉しいです。でも仙花さんには苦しいのかな?笑っちゃうお話ではないですもんね。でも、好きです。ずっと読みたかった。ゆっくりで構いません。更新ずっとお待ちします。 (9月6日 23時) (レス) id: a2eddefbd9 (このIDを非表示/違反報告)
仙花(プロフ) - 蜜柑さん» お久しぶりです、長い間手つかずですみませんでした;;見失いがちですが、なんとか書いていきます! (9月6日 22時) (レス) id: de459dc7d4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:仙花 | 作成日時:2017年10月14日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。