占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:101 hit、合計:548,584 hit

30 ページ44

綾子さんが叫んだ。

高坂さんが愕然として、
私と写真の女のコを見比べてる。


「こんなに似てるのに?
別人なわけない・・・」

震える声で呟いた。


私とこの写真の女のコを重ねてるんだ・・・

自分では似てるかどうかよく分からない。


「似てないよ。
よく見て」


綾子さんが写真を拾い上げて、
高坂さんの目の前にかざす。


「似てるじゃない。
別人だったとしても。
この女も凛と同じに決まってる。
大倉先輩の見た目とお金だけが好きで、
弄んで・・・」

もてあそぶ?

あの忠義を?


なにか誤解してるんじゃないかな。


床に落ちた他の写真から、
高坂さんがまた針を引き抜いた。


「この人が大倉先輩にとっての凛の代わりなら。
やっぱり凛じゃない」


針先が目に向かって、ゆっくり近付いてくる。


恐怖で身体が凍りついてく。

どうして、身体が動かないんだろう。


怖くて・・・


綾子さんも、高坂さんのお母さんも、
誰も身じろぎも出来なくて。


息を止めたみたいに静まりかえってる。


目を閉じた時。

ドアを激しく叩く音が聞こえた。


「A!」


忠義の声だ。

慌てて立ち上がって、
玄関まで転びそうになりながら、急ぐ。


急いでるけど、
身体が強張ってて。

うまく動かなくて。


追いかけてきた高坂さんの指が、
背中のあたりに触れた。

怖い。


震える手でドアノブに手をかけた時、
ドアが外側から乱暴に開いた。

31→←29



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
924人がお気に入り
設定キーワード:大倉忠義 , 関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:fool | 作成日時:2017年8月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。