占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:101 hit、合計:548,584 hit

14 ページ28

二人で夕飯を作る事に。


冷蔵庫の中には、
食材がいろいろ入ってる。

「忠義、買い物してくれたの?」

「うん。
偉いやろ?
二度寝をやめてな、
スーパー行ってん」

得意げにしてて可愛い。


昔は上司だったし、
私の方が褒めて欲しくて必死だったのに。

最近、忠義は私に褒めてもらいたいのが、
ちょいちょい分かるんだよね。

可愛いの。


「偉いね。
ゴルフの前に行ったんでしょ」

「ゴルフ言うても、
今日は打ちっ放しな。
前川社長と二人で練習しに行ってただけやから」

本当なのかな。


高坂さんの病院に行ってたのかもって。


でも、優しい嘘だもん。

気付いてないふりしよう。


「ご飯、何する?
昨日、イタリアン食べたから。
今日は和食か中華か」

「エビとイカがあるから、
中華炒めしようかな。
青梗菜もあるし」

「うん、ええな。
めっちゃ美味そう。
卵スープも作ろか」

メニューは決定。


二人でおしゃべりしながら。

野菜を切ってく。


忠義の料理してるとこは、
すごくかっこいい。

いや、いつでもかっこいいわけで。

料理してるとこ限定ではないけど。


「忠義、どうして私が本社にいるって分かったの?」


急に思い出した。

なんでいきなり飛び込んで来たのかなって。

15→←13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
924人がお気に入り
設定キーワード:大倉忠義 , 関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:fool | 作成日時:2017年8月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。