占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:101 hit、合計:548,602 hit

119 ページ14

綾子が言う。

「ヤスくんは特別なんだね。
好きだからそうなっちゃうんだよ」


Aがからかうように言う。


「うん。
初めての気持ち。
自分でもびっくりしてる。
恋ってこういうのなんだって・・・」


複雑な気分やな。

俺のことは好きやなかった、
言われてるようなもんやし。

けどまあええやんな。


ヤスと綾子には幸せになって欲しい。


綾子と初めてキスしたんて、いつやったかな。

大学の頃、
付き合い始めて3回目のデートでキスするとええみたいなジンクスがあって。

それにあやかって、
3回目のデートの帰りにキスした。

あの時、綾子、別に泣いたりしてへんし。

ファーストキスやった言うてたのに。

めっちゃさらっとしてたやん。


ほんまにヤスのこと好きやねんな。


そういや。

思い出されてきた。

その時、綾子のお兄さんに初めて会うてさ、
挨拶したけど。

妹をよろしく、言われただけやし。


やっぱ、俺の家のこと、知ってたからかな。


ヤス、今頃どうしてるかな。

空手で鍛えてたお兄さんに殴られてないとええけど・・・


心配やな。



それに・・・


やっぱり、高坂さんのことが、
頭から離れへん。


俺らの未来。

一つでありますように・・・

1 主人公Side→←118



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
924人がお気に入り
設定キーワード:大倉忠義 , 関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:fool | 作成日時:2017年8月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。