占いツクール
検索窓
今日:113 hit、昨日:86 hit、合計:231,062 hit

ページ37

.




中島「A、帰ろ」



「うんっ」



そう言って 手を差し伸べてくれる卓

その手をぎゅっと握れば

私たちの住む愛の巣へ帰る



中島「何かAがここにいるのが不思議」



「懐かしいね」



中島「久しぶりのファイターズはどう?」



「みんな元気そうでよかった けど .. 居なくなっちゃった人も居てなんか寂しいな」



中島「でもAの好きな宮さんはずっと居るよ」



「えへへ そうだね」



宮西「何?俺?」



「「うわあ!」」



宮西「何そんな驚いてんねん(笑)」



「宮さん .. 好きです」



宮西「俺も好きやで」



中島「 」



宮西「卓妬いてるで」



「ほんとだ、卓妬いてるの?」



中島「うるさい妬いてない」



「ごめんごめん!じゃあ帰ろっかな?」



宮西「また明日でもゆっくり話そうか」



「はい!お疲れ様です〜」



ブンブンと手を振ると

笑いながら振り返してくれる宮さん



「ねえ、妬いたの?」



中島「妬いてない」



「だってプンプンしてるじゃん」



少しからかうと

腕を掴まれて 壁に押し付けられる



中島「うるさい子の口は塞がないとな?」



「え、ちょ たく .. んんッ」



誰に見られるかも分からないのに

こんな卓って大胆だっけ .. ?



中島「 .. 可愛い」



そう呟いて 先に歩き出す卓に

少し走って追い付く



「卓 、大好きだよ」



中島「俺も好き」



少し不器用な彼だけど

そんなところも大好きだよ




end

作者から→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (148 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
491人がお気に入り
設定キーワード:北海道日本ハムファイターズ , 中島卓也,西川遥輝 , プロ野球   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:かぐや姫 | 作成日時:2018年4月23日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。