占いツクール
検索窓
今日:231 hit、昨日:800 hit、合計:670,418 hit

表(裏) ページ6






鬼舞辻
[A、お前も鬼になるのだ]

【はい】


鬼舞辻無惨は幼いAに自分の血を与える。だが、幼いAは苦しむこともない。

さらに鬼舞辻無惨は、自分の血がAの中に入っているという感覚がない。


鬼舞辻
[!これは…]



____鬼になることができない稀血だ。





Aの頭によぎる、残酷な過去。


童磨もいなくなった七時五十九分。Aは、縁側で空に浮かぶ月を見ていた。



『鬼になれない稀血……こんなもの消えればいいのに』



___カチッ ボーンボーンボーン


八時になった。



鎹烏
《南南東!!南南東!!他ノ甲ト共同任務!!共同任務!!》



Aは任務を受けると、腰に刀をかけて、羽織を肩にかける。


そして、任務場所に向かった。



*・*・*・*



甲の隊員
「俺はあっちに行ってるから、こっちを頼む」

『了解』



Aは、わざと鬼が多いところに向かわせようとする甲の隊員だとわかった。



『(きっとコイツは、私が倒した鬼を自分お手柄にするつもりだ)』



Aはそう思うと、すぐにポケットからあるものを取り出す。

そして、先ほどの隊員のところに行く。



『もし』

甲の隊員
「ん?どうした?」

『怪我をしたらこれを付けてください。高性能の回復薬です』



Aがそう言うと、隊員は目を光らし、すぐに瓶を受け取った。

ありがとう、とお礼を伝えると、全く鬼がいない方へ行った。


Aはにっこり笑うと、鬼のところに向かった。



『さぁ、はやく鬼をあっちに送ろう』



*・*・*・*



鬼たち
「く…っ!」



両腕がなくなった10体ほどの鬼は、額に汗を流す。腕はもう再生できない。


もうここで終わりだと悟った、そのときであった。


鬼たちの目が変わった。そしてある方向を見た。



『(やっと使ったか)』



鬼たちはAに目もくれず、その方向へ走っていった。


Aは、ため息をつき、木の上に登っていった。






表(裏)→←裏



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (375 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1247人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 鬼舞辻無惨 , 鬼殺隊
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

YUKARI♪ - イベントのYUKARI♪です!コメント遅くなってすみません!これからも更新頑張ってください!!! (11月27日 22時) (レス) id: 8e0566877e (このIDを非表示/違反報告)
笹見@無一郎の嫁(プロフ) - あれですか?安倍川餅って静岡の安倍川ですか? (11月27日 22時) (レス) id: a7c0601b69 (このIDを非表示/違反報告)
魅琴 - 夢主ちゃんが何気にヤンデレっぽい (11月12日 21時) (レス) id: f0913cbb00 (このIDを非表示/違反報告)
ウーパールーパー(プロフ) - 名無しの刃さん» はい。手紙内容が思いつかなかった結果、こうなりました。草 (10月4日 7時) (レス) id: 985a439390 (このIDを非表示/違反報告)
名無しの刃 - 拝啓 (名前) コロス は草 応援してます〜 (10月3日 23時) (レス) id: 7c2b7aa7df (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ウーパールーパー | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年9月23日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。