占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:188 hit、合計:341,045 hit

彼女の自信 ページ47

向かいに座るチャンミンを見ると

その表情はとても苦しそうに

何かを考えているかのように、一点を見つめていた


「ユノは、どんな時も一生懸命で。

周りからの信頼も厚くて。


だから、皆がユノに憧れるんだと思うの。


そんなユノだから……」


Aはそこまで言うと、言葉を止めた


YN「A?」



俯いたその顔を覗き込むように、彼女の表情を伺おうとしたとき

今度はチャンミンが口を開いた



CM「……自分も、ユノという人間に少しでも近付きたい」

「っ…」

CM「でしょ?」

「…っ」


チャンミンの言葉に、黙ったまま頷いたA


けれど僕は、二人が何を言おうとしているのか

まだ理解できなかった


だって、Aは僕の彼女で

誰よりも僕の近くにいる


そんなAが僕に近づきたいというのは…


CM「僕も、ヒョンに出会った頃

良くそんなことを思ってた」

YN「っえ?」

CM「ヒョンの周りはいつでもキラキラしてて

いつも楽しそうで。

あんなふうに生きられたら、どんなに充実しているだろうって」

YN「チャンミン…」

CM「あの頃、僕にもヒョンは憧れていた人間のひとりで

だから……Aさんの考えていることが分かる」



チャンミンはそう言ってAに視線を向けた


Aは、困ったような顔になって

何か言いたげでも、なかなか言葉が口から出てこない

すると、チャンミンはAに向けていた視線を

今度は僕に向けた


CM「誰もが一目置くようなヒョンの恋人が自分であることに

自信が無いんですよ、Aさんは」

YN「自信?」


横のAを見れば、さっきよりも俯いてしまったように

肩をぎゅっと窄めていた


YN「どうして?

Aはいつも笑顔で、誰からも好かれて

誰とでも分け隔てなく接することが出来て。


化粧なんかしなくても十分綺麗で

可愛くて…


僕の彼女でいることに自信が無いなんて

何でそんなこと思うの?


僕はそんなに完璧な人間じゃないよ」


自信が無いのは僕の方だ

Aが僕から離れてしまったら

僕なんてただの情けない男になってしまう


心から愛しているAが僕の傍にいることで

僕の自信は保たれている


一度Aとの別れを経験して学んだことは

もう僕はA無しではいられないということ


それほど僕にはAの存在は大きく

とても大切な人なのだ


それを、Aにも分かって欲しい


僕は頭の中で、Aにどうやったら思いが伝わるのかを考えていた

嫉妬の矛先→←納得のいく説明を



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (684 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1214人がお気に入り
設定キーワード:ユノ , 東方神起 , チャンミン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 花さん» ありがとうございます(*´∀`*)ノなるべく頑張って更新しますので新章も宜しくお願いします<(_ _)> (7月4日 10時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - しあぽんさん» 2章もありがとうございました<(_ _)>新章、1話だけですがアップしました(^-^) (7月4日 10時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - wakaさん» 2章も最後まで読んで頂いてありがとうございました<(_ _)>最終章もチンタラ頑張ります!(^^) (7月4日 10時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 裕さんの更新をすっごく楽しみに待ってるファンです♪ちんたらでも亀さんでも何でもOKなので楽しみに待ってます♪ (6月14日 23時) (レス) id: 8c09381f1b (このIDを非表示/違反報告)
しあぽん(プロフ) - 大丈夫!いざとなったら女性は強いから!ちんたらでものったらでも構いません!お待ちしておりますぅ〜 (6月14日 15時) (レス) id: dafbf0b050 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://id29.fm-p.jp/279/jjhh/  
作成日時:2014年11月16日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。