占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:14 hit、合計:341,350 hit

コール音 ページ42

目を閉じて直ぐに浮かんでくるのは

悲しそうに僕の前から逃げるように走っていくAの姿


”ごめんなさい”


その彼女の声が、ずっと頭の中で鳴り止まない


どうして僕に謝ったの?

悪いのは、Aとの約束を破って部長に先に報告してしまった僕なのに

”ごめんなさい”の意味は、なに?


1度離れた時期があるから

尚更彼女の言葉が怖い


また僕から離れていかないよね

2人で人生を共にすると交わした約束は

これから叶えていくんだよね



最悪のことばかりが頭に浮かぶ

もう二度とAを離したくはないのに

同じ間違いは繰り返さないと誓ったのに


YN「はぁ・・・なんで僕は・・・」


大事にしたいと、守りたいと思っているのに

僕は彼女を守ることが出来なかった


女子社員に囲まれていた理由はよく分からないけれど

きっと僕が結婚の報告を部長に1人でしてしまった事と関係あるのだろう


Aとの結婚が嬉しくて、幸せすぎて

他の誰かにも聞いて欲しかった

ただ、それだけだった



おでこにあげていた手をおろして目を開けると

手にしていた携帯でAの電話をコールする




プルルル…プルルル…


今日何度目だろうか

ずっとコール音を流したまま、携帯を耳に当てていた


プルルル…プルルル…



ぼんやりと

頭は無のままで



プルルル…プルルル…




何も考えられない

何もする気になれない



A・・・


僕は君がいないと、こんなにも情けない男なんだ


だからお願い

もう二度と約束を破ったりなんてしないから

だから・・・

僕を嫌いにならないで

お願いだよ



プルルル…プルルル…

プルルル…プルルル…



感覚のない目から涙がこぼれる

視界がぼやけて、どんどんと涙は流れていくのに

瞬きすらも出来ない


それは、世界で僕だけが止まってしまったようだった


プルルル…プルルル…

プルルル…プルルル…


コール音でさえも愛しさを感じながら

そっと目を閉じると



『…もしもし』



ずっと聞きたかったその声に

僕は咄嗟に目を開けた


YN「っ!?Aっ!!」

電話の向こう→←繋がらない電話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (684 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1214人がお気に入り
設定キーワード:ユノ , 東方神起 , チャンミン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 花さん» ありがとうございます(*´∀`*)ノなるべく頑張って更新しますので新章も宜しくお願いします<(_ _)> (7月4日 10時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - しあぽんさん» 2章もありがとうございました<(_ _)>新章、1話だけですがアップしました(^-^) (7月4日 10時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - wakaさん» 2章も最後まで読んで頂いてありがとうございました<(_ _)>最終章もチンタラ頑張ります!(^^) (7月4日 10時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 裕さんの更新をすっごく楽しみに待ってるファンです♪ちんたらでも亀さんでも何でもOKなので楽しみに待ってます♪ (6月14日 23時) (レス) id: 8c09381f1b (このIDを非表示/違反報告)
しあぽん(プロフ) - 大丈夫!いざとなったら女性は強いから!ちんたらでものったらでも構いません!お待ちしておりますぅ〜 (6月14日 15時) (レス) id: dafbf0b050 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://id29.fm-p.jp/279/jjhh/  
作成日時:2014年11月16日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。