検索窓
今日:86 hit、昨日:195 hit、合計:128,688 hit

TrackONE-IMPACT- 福岡 ページ35

A:SixTONES 音川A。やっと、やっとここまで来た。いつも何かをする時、怖かった、怯えていた。そんなは私に力をくれた、勇気をくれた。私がここまで来られたのは、今横にいる6人と、私たちを支えてくれているファンのみんなのおかげ。SixTONESの第二章、寄りかかっちゃうこともあるけれど、支えてくれたら嬉しいです。これからも私たちと一緒に歩いていきましょう。


@xxxxxxx
横浜の時からイミレの前のセリフ変わってる!!
前は過去のことだったけど、今は明るい未来に向けてって感じかな


@xxxxxxx
いつでも寄りかかっていいんだよ、辛い時は辛いって言っていいんだよ
SixTONESがファンに癒しをくれてるんだから、ファンだってAちゃんに勇気あげるよ!!


@xxxxxxx
付いてこいっていうのはよく聞くけど、ファンに対しても一緒に歩いていきたいって言ってくれるのがすごい嬉しい



樹:あれ、見た?

ジェシー:あれ?

樹:Aのドラマ

ジェシー:俺、車の中で高地と見た!

樹:最後のあれ何・・・

A:何って?

樹:あんなハグシーン!あるって言ってくれないとさぁ!

A:えw 先に言って欲しいって言ってたのキスシーンじゃん!w

樹:ハグでもさぁ・・・みんな普通に見れたの?

ジェシー:俺は、Aが泣いてることに感情移入しちゃって

高地:横見たら、めっちゃウルウルしてんの!

大我:俺、家で見てて、気がついたら父親がいてさ、「大きくなったなぁ」って言ってたw

慎太郎:俺も家で見てて、終わった後に感想を姉ちゃんに送った

A:すぐ来たねw でも、すごく嬉しかったw

樹:ほ、北斗は?北斗は見れなかっただろ!

北斗:え、ごめん。佐倉七瀬、ご本人の横で見させてもらってました。

樹:お前さぁ、いつもAの家に帰ってんの?!

北斗:いつもじゃねぇよw

樹:いつか週刊誌に載るからな!

北斗:その時は、ピースで写ってやるよw

A:いや、お客さんも「フー!」とか言わないでw

樹:あははw さすが俺らのファンだよなw

ジェシー:SixTONESのファンはこうでなくっちゃw


@xxxxxxx
ほんとスト担って、ノリがいいっていうかw
普通なら、北斗がAちゃんの家に行ってるっていうだけで嫌な気持ちになるはずなのに、なんでこうも応援したくなるんだろうw
頑張れ、北斗!


@xxxxxxx
スト担のみんな!
樹とジェシーから「さすが俺らのファンだ」って褒められたよ!


@xxxxxxx
週刊誌にピースで写るのはやめなさいw

守ってやる→←Imitation Rain



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (111 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
914人がお気に入り
設定タグ:SixTONES , 紅一点 , 松村北斗
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:沙羅 x他1人 | 作成日時:2022年6月28日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。