検索窓
今日:103 hit、昨日:201 hit、合計:128,510 hit

Kyoto Drive Vol.1 ページ3

慎太郎:今日はRough xxxxxxxというツアーで京都に来ています!さぁ、みなさんどうですか?初めての渡月橋

樹:俺、実は来たことあった

A:ごめん、私も撮影で・・・w

樹:そうじゃん!竹藪での浴衣で盛り上がったじゃん俺ら!

A:待って・・・なにその話w

高地:あぁ、あった!!

大我:どれがいいかやってたねw

慎太郎:じゃあナシ!この話! 本番までの時間、自由に過ごしていいということなので、この後いろんなとこ巡りたいと思ってます!

「京都のドライブ旅がSTART!」

慎太郎:樹と姉ちゃんと北斗、寝る時おやすみって言った?

樹:言ってない、北斗先に寝た

A:私は、ほっくんと樹に言ったよ?

北斗:俺もAには言った

樹:この2人さ、おやすみって言いながら、ぎゅーして頭ぽんぽんしてんの!!

大我:え、何それ、俺もやりたい

樹:いや、そこじゃないw

北斗:いつものルーティーンみたいなやつよ

A:今日もお疲れ様!みたいな

樹:え、じゃあ、今度俺ともやろ

「ドライブがてら行き先を決めることに」

樹:俺、車折神社行きたい。2020年デビューの年だしさ、みんなで芸能で有名な神社行きたくない?

A:行きたい!!

高地:じゃあ、車折神社向かうねー

「続いてホールツアーについての話題に」

樹:ジュニア最後のツアーかもみたいな認識があるじゃない?すごくこだわって作ったよね

北斗:ネタバレになっちゃうかもだけどさ、俺ら2人ずつで歌う曲あるけど、Aは今回1人だしね

大我:どこかと組む?ってなった時、歌いたい曲があるってAが言い出してね

A:そうだねw 今まで全部の曲を大切に歌わせてもらってたけど、この曲は私から切っても離せないなってのがあって、ジュニア最後ってなったら歌いたい!って思って

ジェシー:ずっと前から歌ってたもんね

A:もう、いろんな人に頼んで・・・w

慎太郎:連絡したの?

A:もちろん!喜んでくださってたw

北斗:あれ、マジで好きなのよ

樹:俺ら、Aの曲始まる前に用意全部終わらせて、始まったら止まって見てるからね

A:ありがとw

北斗:後は、あれもじゃない?始めて統一したグッズ持って来てくれてて

樹:ペンライトとか、Tシャツとかねw

北斗:あれ、嬉しかった

ジェシー:意外と白が人気ね!

高地:白しか出してねぇよ

大我:ないよ

ジェシー:あれ?黒は?

高地:黒、スタッフさんだよw

A:今度は、黒と白、どっちも出そうw

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (111 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
914人がお気に入り
設定タグ:SixTONES , 紅一点 , 松村北斗
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:沙羅 x他1人 | 作成日時:2022年6月28日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。