検索窓
今日:94 hit、昨日:195 hit、合計:128,696 hit

ページ20

A:ねぇ、もう大丈夫だよ?

北斗:え、なにが?w

A:何年も前のことだよ?もう1人で大丈夫だよw

北斗:・・・

A:だからさ、早く家に戻った方が

北斗:いつまで経っても、ほーんとあなたは変わらないw

A:え?

北斗:まっ、そういうところが俺の好きなところでもあるけど

A:なに言って

北斗:自分のことより他人を大事にする、仲間ならなおさら。そういう他人思いのところ俺は好き。だけど、それで自分の思いを無かったことにする自己犠牲なところは直さなきゃいけないところよ?

A:・・・

北斗:俺は自分がやりたくないって思ったことはやらない、それはAが1番分かってるでしょ?

A:・・・うん・・

北斗:なら、今、俺がここにいるってことは自分の意思で来てるの。だからさ、Aが今、感じてること思ってること言っていいの。甘えていいんだよ

A:・・・いいのかな・・・甘えちゃってもいいのかな・・

北斗:Aの甘えなら本望

人に甘えるのが苦手な私

だけど・・・

A:ほっくん・・

北斗:なーに?

A:・・今日、1人は寂しい・・・

北斗:うん

A:・・ほっくんに言うのが合ってるとか・・間違ってるとか・・わかんないけど・・

北斗:うん

A:・・・泊まってまでは言わないから・・・1人になりたくない・・まだ一緒にいたい・・

ほっくんのことが好きだけど、付き合っているわけじゃない

そんなことは許されないことも分かってる

だけど、伸ばしてくれた手を振り払うことなんて私にはできないし、したくもなかった

北斗:んはw 実は、Aが行きたいって言ってたご飯屋さん、予約していますw

A:え?!でも、時間が

北斗:今日はクリスマスだから大丈夫なんだって

A:私が1人でいいって言ってたら・・

北斗:んー・・今日は無理矢理でもAを甘えさせるって決めてたからねw

A:・・・

北斗:それに、俺はAの気持ち分かってたしw

A:そうだよ・・・さっき、自分の意思で来たって・・

北斗:この前言ったでしょ?これからどんどん攻めていくよ?って

A:あっ・・・

北斗:その中には、ずっと俺の好きな笑顔で笑っていて欲しいって言うのも含まれてるから

A:も、もう分かったから・・

北斗:んはw 顔真っ赤ですよ?お嬢さん

A:ほっくんだって耳真っ赤ですっ!

北斗:あっ、ちょ、見ないでw

A:あははw

まだこの関係を崩すのは怖くてできないけど、少しは甘えてもいいのかなって思った

SixTONESからメリークリスマス!→←クリスマス



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (111 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
914人がお気に入り
設定タグ:SixTONES , 紅一点 , 松村北斗
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:沙羅 x他1人 | 作成日時:2022年6月28日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。