占いツクール
検索窓
今日:343 hit、昨日:1,161 hit、合計:475,027 hit

ページ41






まだ寒い冬なのに
部屋の温度は私たちの体温で上がっていく






『っ、やめ…て』






こんな抵抗が何になるのか
押し返そうとする手は繋がれ、床に押さえられる







『ね、落ち着いて』



渡「充分落ち着いてるけど」








私を見下ろす彼は冷たい
それに比べて私に触れる手は優しい







渡「辞めて、とか言ってる割には可愛い顔してる」


『やっ、ダメだって』







首に顔を埋めてくる彼に擽ったくて体を捩ると
鈍い痛みに襲われた






『あっ、付け…た?』


渡「ん、ふっかとは違うの。」


『隠せない所はダメなの』


渡「隠さなくていい、見せつけたいの」






もう戻れない所まで来てしまったんだよ
色んな所に口付けていく翔太の頭に手を置く







渡「なに、その気になった?」


『な…ってない、』


渡「ふは、素直じゃねーな」







急に浮いた体は翔太によってベッドに連れて行かれる
優しく降ろされた瞬間上から降ってくるキス






『やだっ、』


渡「本当は嫌じゃないくせに…、」


『でもっ、』


渡「言ったじゃん、黙って抱かれろって」





ほらまた、どうでも良くなってくる
クラクラするし求めちゃダメなのに求めてしまう






渡「Aっ、好き、」






愛おしそうな声で呼ぶ彼に、また何も言えない私
他から見ればただのカップルなのに…






ピリリリリリリリリリリリ







渡「っ、リリからだ…」


『っえ、』







一瞬で現実世界に戻された
焦る私に対して、翔太は余裕そう





『で、出るの?』





不安になって聞けば、驚いた顔の後直ぐに
悪魔みたいな笑顔に変わった







渡「…ちょっと、静かにしててね」


『え?やっ、』






電話に出る翔太の動きは止まらない
声を我慢するのにも必死で手で口を押えていた






渡「ん、風邪大丈夫っ?」


『…っ、』


渡「あ、うんうん。っ…そっか」


『っん…』


渡「え?うん、また明日な…」









切れた電話を投げると、満足そうに笑う








渡「よく出来ました。」


『有り得ないっ、』








確か、前もこんなことあったよね…
男の人って好きなのかな、なんて考えていた









渡「今は俺に集中したら?」


『っ、』









夜はまだまだ長かった

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (456 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2268人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 深澤辰哉目黒蓮 , 渡辺翔太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

my - 全員分のオチがみたいです (1月2日 20時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)
藤原 道長(プロフ) - スノでいくとふっか推してるけど、展開的には翔太と結ばれて欲しいです! (12月13日 17時) (レス) id: 6637c26f8e (このIDを非表示/違反報告)
ほくほくなじゃがいも(プロフ) - このお話が好きでいつも見させていただいてます!私はふっかさんと結ばれてほしいです。これらも更新頑張ってください! (12月13日 7時) (レス) id: 1105fd991b (このIDを非表示/違反報告)
しょっぴー推し - 私は翔太くんと結ばれてほしいです!それか全員分のオチを書いていただけると嬉しいです。でも一人の方がいいんじゃないかと思います。書くのが大変になるのでだからしょっぴーと結ばれるオチが見たいです。付き合ってからもみてみたい!更新頑張ってください (12月12日 7時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もにぃ | 作成日時:2020年11月23日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。