占いツクール
検索窓
今日:1,141 hit、昨日:853 hit、合計:479,194 hit

ページ37







なんだかよく分からないまま
目黒くんはすんなり離れてくれた






目「Aちゃん昨日、1人だった?」


『え…、うん』


目「ふーん、なんか妙に変な感じがした」


渡「なに、やっぱりお前なんか隠してる?」





2人に怪しまれ、何とか理由を探そうとしていると
後ろからさっきまで一緒に居た人が走ってきた





深「おい!お前ら遅刻するぞ!!」


渡「…うるさい」


目「ん?てか、ふっかさんとAちゃん匂いが…」





勘のいい男、目黒くんの言葉により
私の心臓は早くなる





深「ん?あー、泊まったもんな?」


『えっ、言っちゃうの?」


深「雨降ってたから、風邪引くじゃん?」




目「なんだ、とはならないでしょ」


渡「有り得ないんだけど…」



当たり前でしょ?って顔して言うふっかに私達3人は
口を開けて見ている




『も、もう、いいでしょ』


渡「あ、ちょっと待てよ!」



行き先の違う目黒くんとふっかを置いて
翔太と教室まで向かった






渡「なにもされてない?」


『…まぁ』


渡「あの時無理矢理でも一緒に帰ればよかった」


『そこまで心配してもらわなくても』


渡「好きな人が他の男の家に居るって嫌だろ」







これもまた厄介な話、リリと付き合ってるのに私に
向けられた翔太の好意








『ねぇ、いい加減…』


渡「ふっかは良くて、俺はダメなの?」


『それはさ、違うじゃん』


渡「違うくねーだろ、跡付けられて
バレてないとでも思ってんの?」








サラッと分けられた髪の毛隠していた首にある赤い跡
その目は苦しそうだった









『私は…』


渡「もう、どうしたらいい?俺は…、お前の為に…」



“どこまでしたら、俺のものになってくれんの?”







『翔太…、』



渡「そんな辛いって顔すんなよ。」



辛いって顔してるのは、翔太の方なのに
何処まで私は人を傷つけるんだろう






渡「好きなんだって…」






少しだけ強引に口付けられそのまま首に顔を埋める








『ねぇ、誰かに見られる…』



渡「見せつけたい」








昨日と同じ場所に感じた痛み、







渡「ふっかには渡さねぇ」









綺麗に上書きされていた_____________

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (456 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2264人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 深澤辰哉目黒蓮 , 渡辺翔太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

my - 全員分のオチがみたいです (1月2日 20時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)
藤原 道長(プロフ) - スノでいくとふっか推してるけど、展開的には翔太と結ばれて欲しいです! (12月13日 17時) (レス) id: 6637c26f8e (このIDを非表示/違反報告)
ほくほくなじゃがいも(プロフ) - このお話が好きでいつも見させていただいてます!私はふっかさんと結ばれてほしいです。これらも更新頑張ってください! (12月13日 7時) (レス) id: 1105fd991b (このIDを非表示/違反報告)
しょっぴー推し - 私は翔太くんと結ばれてほしいです!それか全員分のオチを書いていただけると嬉しいです。でも一人の方がいいんじゃないかと思います。書くのが大変になるのでだからしょっぴーと結ばれるオチが見たいです。付き合ってからもみてみたい!更新頑張ってください (12月12日 7時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もにぃ | 作成日時:2020年11月23日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。