占いツクール
検索窓
今日:357 hit、昨日:683 hit、合計:477,557 hit

ページ28







渡「まじ、断るとか有り得ねぇ」


目「そこも、Aちゃんらしいって言うか笑」


深「はぁ、走るとキツいわ…笑」






『はぁ、はぁ…。有り得ないのはこっちのセリフだ!』





まだ上手く吸えない息を何とか整える




断ったはずなのに、ちゃんと首まで振ったはずなのに
気が付けば3人に手を引かれゴールまで一直線で走っていた





『それでっ、なんて書いてあったの?それ』




3人が手に持っているのはお題の紙、何故か隠すように後ろに手を回した






深「いやっ、Aには関係ないって言うか笑」


渡「そうそう、心配すんな」


目「見るものじゃないよ」






そう言われれば益々気になるわけで、だからといって誰も見せてくれる様子はない





“さぁ、前代未聞3人が選んだのはAさん!そのお題はなんでしょうか!!”






マイクを持った人が目をキラキラさせ私達に近づいてきた




渡「え、言わないとダメなの?」


“はい!お願いします!!!”






3人が顔を見合せ、顔を顰めていた





『え、なに?』



目「嫌いにならないでね」


深「怒んなよ?笑」


渡「はっきり言ってお題なんか気にしてなかったし」






保険をかけその場を何とか逃げ切ろうとしていた3人を捕まえマイクを握らせた






『いいから早く言ってよ』




そう言えば重たい口を開け、1人ずつお題を読み上げていった






渡「…口が悪い人」



目「ドジな人…笑」



深「よく寝る人!!」






想像していたお題よりかなりかけ離れている






『帰っていいでしょうか…』




“な、なるほどー。はい!では次の方お願いします”




全校生徒の前で悪口を言われ、走らされるという結末になってしまった





深「Aの寝顔好きだよ、可愛いし!」


『その慰めも今は辛い…』




目「ドジな所もAちゃんらしくて好きだよ」


『あ、ドジって本当に思ってたんだね』




渡「俺はお題見てなかったから」


『いいの、分かってるから自分でも…』








落ち込む私を囲むように慰める3人









手を引かれ走り始めた瞬間、最初は戸惑ったけど笑い合ったあの瞬間









少しだけ楽しかった______________

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (456 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2265人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 深澤辰哉目黒蓮 , 渡辺翔太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

my - 全員分のオチがみたいです (1月2日 20時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)
藤原 道長(プロフ) - スノでいくとふっか推してるけど、展開的には翔太と結ばれて欲しいです! (12月13日 17時) (レス) id: 6637c26f8e (このIDを非表示/違反報告)
ほくほくなじゃがいも(プロフ) - このお話が好きでいつも見させていただいてます!私はふっかさんと結ばれてほしいです。これらも更新頑張ってください! (12月13日 7時) (レス) id: 1105fd991b (このIDを非表示/違反報告)
しょっぴー推し - 私は翔太くんと結ばれてほしいです!それか全員分のオチを書いていただけると嬉しいです。でも一人の方がいいんじゃないかと思います。書くのが大変になるのでだからしょっぴーと結ばれるオチが見たいです。付き合ってからもみてみたい!更新頑張ってください (12月12日 7時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もにぃ | 作成日時:2020年11月23日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。