占いツクール
検索窓
今日:53 hit、昨日:73 hit、合計:94,651 hit

【黄・白】本当は大好きだもん ページ5





高校生の妹に彼氏が出来た、らしい。



かなり複雑な気持ちだけど、妹は可愛いし、

彼氏がいないと言われたらそれはそれで嫌だと、

先日食事を共にした幼なじみの阿部に言ったら

【さすがシスコンの照。めんどくさ。】と言われた。



ホント毒舌すぎるだろ、マジでなんなの?



そのとき紹介してくれた阿部の婚約者は

ふわふ わしていてとても優しそうな女性だった。



【大丈夫?酔った?】



《んーん、大丈夫だよ?》



【本当に?顔が真っ赤だけど、気分悪くないのね?】



……おい、阿部。俺への対応との差が激しすぎるだろ!



はぁ、みんな幸せそうなのに、俺だけ可哀想じゃない?







ある日、仕事を終えて家に帰宅すると

リビングから聞こえたのはAと母親の声。



『ねー、ママ。今週の土曜日ラウ、うちに呼んでいい?』



《いいよ‪〜!夕ご飯も一緒に食べたら?》



『ホント?やったぁ!』



……は?ラウって、彼氏だよね?彼氏が来るの?うちに?



「A!」



『わっ!ひかる、帰ってたの!?』



「ねぇ、土曜日彼氏来るんでしょ!?」



『う、うん。』



「ふーん。俺も家いるから。」



『えっ、ひかる仕事じゃないの!?』



「休みです〜!俺が家にいたら、何か都合悪いの?ん?」



『いや、別に……。邪魔しないでね?』



「なに、邪魔って。」



『……ラウに話しかけないでねってこと!』



「はぁ!?」



『話しかけたら絶交!』



「なに小学生みたいなこと言ってんの!?」







そんなこんなで迎えた土曜日。



いつもは社会人らしくセットしている髪型も、

今日は学生時代のように遊び心満点のイカつくして、

ダメージが入りまくったパンツに

有名ブランドのTシャツを着た。



妹は、そんな俺を下から舐めるように見て一言

『…は?』と呟いた。



「なに?なんか文句あんの?」



『それはこっちのセリフなんだけど。

ひかる、いい歳して何着てんの!?

最近そんな服、着ないでしょ!』



「だって彼氏に舐められたら困るじゃん。」



『は?』



「ってか、お前だってめかしこんでるじゃん。」



『っ!!!うっさい!!!バカ兄貴!!!』



「はぁ?」



『とにかく、出てこないで!ずっと部屋にいてね!』



「やだ。」



『っ、迎えに行ってくる!!ひかるは引っ込んでろ!』



と捨て台詞を吐いたAは履きなれないヒールのある

パンプスを履いて玄関を飛び出した。


・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (173 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1148人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Sakuya | 作成日時:2020年12月3日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。