占いツクール
検索窓
今日:78 hit、昨日:49 hit、合計:95,218 hit

【赤】どんな私も愛して ページ27





『涼太くん、これもこれも全部おいしい!


お店みたい!すごい!!!』



「ふふふ、それは良かった。」







私の誕生日に彼のおうちに招かれて、

彼の作ったオシャレでおいしい料理を独り占め。



ローストビーフ、パエリア、ミネストローネに

手作りのかわいらしいショートケーキ。



なんて幸せな誕生日なんだろう。







『涼太くんに胃袋掴まれた〜!


もう涼太くんのご飯なしでは生きていけな〜い!


どうしよう、涼太くん!』







なんて私は冗談っぽく言ったのに、

彼は真面目な顔して答えたんだ。







「じゃあこれからもAのために料理の腕を磨くから、

俺とずっと一緒にいてくれる?」



『……いいの?』



「もちろん。」



『食べすぎて太っちゃうかもよ?』



「まんまるのAもかわいいかもね?」



『甘やかし過ぎだよ…。』



「そうかな?」



『そうだよ…!』







もし私がまんまるになっても責任取って愛してよね。





Fin



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




赤色の表紙のテーマは

【君だから好きなんだ】です。



まんまるになっても愛してくれる男性がいたら、それはそれで少し怖い気もしますが‪(笑)

それくらい彼女自身を愛してくれているということですよね。

ご飯を作ってくれて、太ってもいいなんて言ってくれるなんて羨ましい話です(*^^*)


【黄】甘い甘いミルクティー→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (173 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1144人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Sakuya | 作成日時:2020年12月3日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。