占いツクール
検索窓
今日:30 hit、昨日:47 hit、合計:95,033 hit

ページ23





「ちょっと、A。もうお酒はやめときな?」



『なんでよー。いいじゃーん!涼太のケチ〜!』



我ながら見事なウザ絡みだ…。



「もう、今日はどうして俺を呼び出したの?


どうせ、翔太とのことでしょ?


潰れる前に相談しなくていいの?」



『うぅ…なんでバレてんの…。』



「俺はAが好きでもないお酒飲むのは、

大体翔太絡みって知ってるの。


ほら、言ってみなさい。」



烏龍茶を渡してきた涼太に、仕事でアメリカに行くことや

それを翔太に言い出せずにいることを話した。







「なるほどね、思ってたよりも深刻な悩みだった。」



『ちょっと、バカにしてるでしょ!』



「だって今までの悩みって全部第三者からしたら

くだらなかったよ?


まず、ずっと両思いなのに2人してビビって告白しないし、

お互い無理に恋人作って紹介したみたり、

付き合ってからもさ…『分かったから、もうやめて!』



「まぁ、とにかくさ、翔太気づいてるみたいだったよ?


Aがなんか悩んでること。」



『え、そうなの?』



「なんかAが最近おかしい。


絶対なんか隠してるって一昨日くらいに電話してきた。」



『マジか…。』












「だから俺、翔太のこと呼んどいたから。」



『……えっ!?』







そこでガラガラと個室のドアが開いた。



目の前には大好きな翔太。







「はぁ……。お前どうでもいいことはすぐ言うのに、

なんでそんな大事なことは、すぐ俺に言わないわけ?」



『き、聞いてたの…?』



「全部バッチリ聞いてたけど?」



『私、用事思い出したから帰るね!!!』







逃げるが勝ち。



掘りごたつから抜け出して立ち上がった私は

直ぐに入口にいる翔太に捕まった。






「おいこら、逃がすかよ。」



『離してよっ!』



「お前がちゃんと俺に話してくれるまで離さないから。」



・→←【青】同じ空の下で



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (173 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1146人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Sakuya | 作成日時:2020年12月3日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。