占いツクール
検索窓
今日:53 hit、昨日:73 hit、合計:94,651 hit

ページ3





【A、風邪ひいちゃったの?】



『やだ!亮平くん来ないで!帰るの!ゴホッゴホッ』



【えー、そんな事言わないでよ〜!

Aもこのままじゃ辛いでしょ?

今も息苦しいんじゃない?違う?】



『……。』



【図星だね。ほら、早く出ておいで?

歩くの無理なら照に抱っこしてもらう?】



『歩けるもん…。』



【うん、わかった。じゃあ、いこう?】



渋々助手席から降りてきたAは、

重い足取りで阿部の後ろをついて行く。



俺が小学生だった頃、公園で遊んでたらAの具合が

悪くなって阿部の実家である、この病院におんぶで

連れてきたこともあったなぁ…なんて思い出した。







あれだけ嫌がってた割には大人しく診察を受けたAは

今、点滴を繋がれて硬い病院のベッドの上で

横になって眠っている。



てかそんな重症なんて聞いてないんですけど…。



寝てるからいいよね?大丈夫でしょ!と心の中で

自問自答しながら少し息苦しそうなAの頭を撫でる。




そこでガラガラとドアの開く音がしたので

急いで手を引っこめると入ってきたのは阿部。



「なーんだ、阿部か。」



【俺以外に誰が入ってくんの。】



「たしかに。」



【点滴終わったら帰れるから。】



「ありがと。」


【あのさ、Aからなんか聞いてる?】



「なにが?」



【悩みとか?相談事とか?】



「いや、最近思春期だからか知らないけど

全然話してないから…それがどうかした?」



【そう…。ちょっと喘息っぽかったから

疲れてるのかなって思ったんだけど。

喘息の原因にストレスもあるの。

受験生だからメンタル的にも大変なのかもしれないからさ

ちょっとだけ気にしてあげて?】



「…ん。わかった。」



阿部は昔から変わらない笑顔をAに向ける。



・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (173 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1148人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Sakuya | 作成日時:2020年12月3日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。