占いツクール
検索窓
今日:165 hit、昨日:210 hit、合計:227,990 hit

ページ34

「ということでAには罰をうけてもらいます。」



『えぇ!?なんで!?』



動揺する私に康ちゃんは笑いながら彼が大好きな

某ヒーローのマスコットの着いた鍵を差し出した。














「……罰は俺と一緒に暮らすこと。

今年のクリスマスプレゼントは、同棲する部屋の鍵。」














待って、意味わかんないんだけど!?




『えっ?……これどこの鍵?』



「俺たちの新しい家。」



『康ちゃん、いつの間に引っ越したの!?』



「Aが全然取り合ってくれないからその間に。」



『一緒に住む家、勝手に決めちゃったってこと?』



「うん。でも罰やから…な?笑」



『私から断られたらどうするつもりだったの…。』



「Aは、そんなことしないやろ?」



『そうだけどさ…。』



「あ、もちろん結婚を前提にした同棲やで。」



『け、けけけけっこん!?』



「おもろい顔!やっぱ、A最高やなぁ!」



『もー、康ちゃんなんて嫌い!!!』



「俺は大好きやで?」



そう言って彼は私を優しくソファーに押し倒した。


















「なぁ、○○からのプレゼントくれへん?」



















私は返事の代わりに彼の首に腕を回して唇を押し付けた。






私だって負けないくらい大好きなんだから!








Fin




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



橙色の表紙のテーマは

【会えない時間が気持ちを育てる】でした。



会えないからこそ、同棲という次のステップへ進むカップルも年齢が高まるにつれ多くなるのではないかなという妄想から完成しました。笑

【紫】恋が始まるまであと少し→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (309 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
818人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Sakuya | 作成日時:2020年11月7日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。