占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:36,323 hit

26話 修学旅行 ページ27







修学旅行はふつう、二年生や三年生のときにあるものだけど、私たちの学校では、親睦を深めるという意味で一年生の後半から修学旅行の実行委員を決めて、二年生の初めのほうに修学旅行をする。

実行委員はずつ学年から五人必要で、かなりめんどくさいらしい。

実行委員をした先輩たちは口々に言うらしい。

«あれは本当にめんどくさい。やらないほうがいい。絶対に»

だからみんなは絶対に立候補しない。

私も前までだったらやってたと思うけど、猫をかぶる必要がなくなったから絶対にやらない。

「では、修学旅行実行委員を決めようと思います」

先生が教卓の前に立ってそう言う。

「じゃあ、クラス委員の人が仕切って決めてね」

先生はそう言って教室を出て行った。

うちのクラスのクラス委員はたしかメガネの地味な女と…三浦だ。

何で三浦がクラス委員なのかはわからないけど三浦がクラス委員だ。

「はー……めんど……」

三浦はそう言って前に立つ。

「えーっと、じゃあ、誰かしたい奴いる?」

三浦がそう言うとみんなが静まりかえる。

しゃべったら終わりだな。これ。

そう思っていると、三浦がため息をついて言った。

「じゃあ、俺が勝手に決めます。俺とAさんとるぅとくんね。はい、終わり」

はぁ…!?

私とるぅとくんは二人で顔を見合わせてから三浦を見る。

三浦はニヤニヤしながら私たちを見ている。

でも周りの人たちはラッキーと言う顔をしてぱちぱちと拍手しだす。

な、何考えてるのよ……







「今日の放課後に、実行委員は会議室に集まってね」

先生の言葉でホームルームが終わって、みんなが帰ったり部活に行ったりする。

「るぅとくん、会議室行く?」

「まぁ…委員会になってしまったので」

無理やりだけどね。

「ほんとに私たち委員会になったの?あんな決め方…」

るぅとくんにそう言った瞬間、私の首に誰かの腕が回される。

私の肩から顔をのぞかせたのは、三浦だった。

「三浦…!離しなさいよ!」

私はかばんを三浦の顔に向かって振り回す。

すると三浦は私から離れてそれをよける。

「クラス委員がきめたんだぜ?仲良くしようよ」

そう言って笑う三浦。

「ていうか、一クラスから三人も出して大丈夫なわけ?」」

「大丈夫らしいよ。後は二組から二人だけ出たらしいし」

二組から二人……?

27話 荒れる会議→←25話 諦めない



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (66 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
204人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , 君に届け
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神崎 奏(プロフ) - のまーんさん» 夢主はくるみちゃんで莉犬くんは風早です!!るぅとくんは特に立場は決まっていません! (6月27日 23時) (レス) id: 2b665a7700 (このIDを非表示/違反報告)
のまーん - ほんとだ!君に届けににてる!夢主ちゃんは、くるみちゃんかな?莉犬くんが風早?まさかのるうとくんが龍!? (6月27日 22時) (レス) id: 52c2a508b7 (このIDを非表示/違反報告)
神崎 奏(プロフ) - はなさん» それとすとぷりあわせて書いてます(;・ω・) (5月19日 13時) (レス) id: 2b665a7700 (このIDを非表示/違反報告)
はな - 漫画の君に届けというやつに似てる (5月19日 13時) (レス) id: 7620069ad7 (このIDを非表示/違反報告)
神崎 奏(プロフ) - 花奈(ばなな)さん» えええええ!(´;ω;`)そんな!すごくうれしいです!うれしすぎてやばいです(´;ω;`)ありがとうございます!がんばります! (4月29日 23時) (レス) id: 2b665a7700 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神崎 奏 | 作成日時:2019年3月26日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。