占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:19,671 hit

36話 終わろう ページ38

私は、秋ちゃんとグラウンドに戻ろうとしているところを、校長に呼び止められる。

秋ちゃんは、先にグラウンドに戻ってもらう。

「何ですか?」

「雪村さんに————————————————————」

校長の言葉に、まわりから一瞬音が消える。

「…………え————」







「風丸くん!どう?」

私は、ベンチに座ってみんなの練習を見ている風丸くんの前に行って、くるっと一回転する。

「あぁ……似合ってると思う」

「ありがとう!あ…あと、絶対練習参加しちゃダメだからね!」

「わかってるよ」

苦笑しながらそう答える風丸くん。

心配だなぁ……

風丸くんはいつでも無茶するから……

「……私と雑談でもする?選手のメンタル面の管理も、マネージャーの仕事でしょ?」

笑いながらそういうと、風丸くんがフッと笑って前を向いた。

私は、風丸くんの隣に座る。

「……なぁ、雪村」

「……んー?」

風丸くんはみんなの練習風景を見ながら口を開く。

「俺が、豪炎寺が俺と雪村の関係をみんなにばらして、みんなに変な目で見られるのが怖いって言ったら、どうする?」

「…………………え」

ザァァァ。

風が吹きぬけて、私と風丸くんの間に沈黙が訪れる。

キスフレと言う関係がみんなにばれたら、きっとみんな私と風丸くんを見る目が変わってしまうと思う。

私は別に平気だけど、風丸くんがそれを恐れるなら、私の答えは一つに決まってる。

「やめよっか。キスフレ」

そう言って風丸くんのほうを見ると、風丸くんがゆっくり私のほうを見る。

「私、サッカー部のマネージャー、やめることになったの」

「え……」

「ちょうどいいし、この関係も、もう終わろう……?」

「どういう「私ね」……」

風丸くんの言葉をさえぎって、私は立ち上がる。

「転校することになったの—————————」

「……え———————————」

37話 アメリカ→←35話 ショートボブ


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

ラッキーカラー

あずきいろ

ラッキーナンバー

8

ラッキーアルファベット

X

ラッキー方角

西 - この方角に福があるはずです

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
39人がお気に入り
設定キーワード:イナイレ , キスフレ , 風丸一朗太   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神崎 奏(プロフ) - yuriさん» ありがとうございます!とっても嬉しいです!! (12月3日 15時) (レス) id: 3c3fe50db5 (このIDを非表示/違反報告)
yuri - 面白かったです!応援してます!! (12月3日 0時) (レス) id: cbe69faa9b (このIDを非表示/違反報告)
神崎 奏(プロフ) - アレスさん» ありがとうございます!更新頑張ります!!少しでも楽しんでいただけるように頑張ります! (11月2日 21時) (レス) id: 3c3fe50db5 (このIDを非表示/違反報告)
アレス - とても面白いです!更新頑張ってください! (10月30日 23時) (レス) id: 73833a43c9 (このIDを非表示/違反報告)
神崎 奏(プロフ) - いさきさん» コメントありがとうございます!そう言ってもらえるとすごく嬉しいです!これからも頑張ります! (10月24日 23時) (レス) id: 906f3d7dcd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神崎 奏 | 作成日時:2018年7月23日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。