占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:10 hit、合計:22,828 hit

0.5(プロローグ5) ページ5

Aは今日からこのホテルで働く。





何がどうなってそういうことになったのか、それは全く覚えていないが唯一覚えてるのは、借金取りの中の一人に紙を突然渡されて「ここで働け」と言われたことだけだった。
 









「白崎Aといいます。よろしくお願いします」
 






霤弔砲修ζを下げると、「存じております」と笑った。


優しそうな笑顔がとても安心する。









「すぐに総支配人がいらっしゃると思います。私は業務に戻りますのでここで。」
 









霤弔呂修Ω世辰匿次垢醗賣蕕鬚垢襪肇曠謄襪瞭口へと戻っていった。









彼の担当であるドアマンとはホテルの入口に立つスタッフのことで、来館客の送迎や自動車の手配などを行うのが彼の仕事だ。




ふと近くにあった大きいソファーに腰掛けてみると、さすがはハイクラスのホテルなだけあって、Aには座ったことのないくらいフワフワに感じられた。









(借金取りに売り飛ばされてきたにしてはいいところに来れたなぁ。)
 









呑気にそんなことを考えていると、コツコツと響く足音が聞こえた。




霤弔言ってた総支配人だろうかと思い腰を上げ、足音のする方に視線を向けると、一人の男の姿が目に入った。







彼の視線にもAの姿が映ったようだが、彼は総支配人ではなさそうだと、Aは直感で感じた。

0.6(プロローグ6)→←0.4(プロローグ4)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (44 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
237人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 重岡大毅 , 小瀧望
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:サカキ。 | 作成日時:2019年8月7日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。