占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:58 hit、合計:45,133 hit

2 ページ17

伊「よかったー、認めてもらえて」

山「そんな心配しなくたって大丈夫だったと思うよ?w」

伊「だってさー、俺TVでのキャラテキトーじゃん?だからテキトーだと思われたらどうしよって思ってたんだよw」

山「えー、そんなに俺の親鬼じゃないよーw」

伊「やっぱり山田のお母さん達だもんね優しいに決まってるよねーw」

山「フフッそうだよーwあ、これから、伊野尾ちゃんのお母さん達に会いに行くんだよね?・・・」

伊「うん!多分俺の親もそんなに反対しないと思うよ?」

山「大丈夫かな・・・」

俺はそんな心配しなくたって大丈夫なのになんて思いながら埼玉の実家まで車を走らせた。

ご挨拶 伊野尾家編→←ご挨拶 山田家編



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (20 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
97人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 子供 , シェアハウス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年5月10日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。