占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:4 hit、合計:2,606 hit

私には似ているお気に入りの後輩がいる ページ5

昼の柔らかい暖かさに照らされる生徒会室、今日も多忙だ。

『ふぅ...。やっと終わったわ』

そう言って、書類を整理しているのは我らが生徒会長のハイラークス会長。

彼女の思考は理解しかねるが、生徒会長としての実力は本物であり、カリスマを持っているからか信者も少なくない。

『クラウディア、待たせたわね。二人で話せるところに移動しましょう』

生徒会の仕事には、生徒会長しか出来ないものがある。その分量を考えると凄いと思うのだが...。

二人で、というのは決してやましいものではなく、皇女、皇太子という同じ立場を持っている同士、自分の国の話をしようという不定期のイベントだ。

『最近は、私の国ではこのようなことが流行っているようで...』

「俺の国では、違うものが流行っていますね」

いつもと、同じように話して、お茶を飲んで終わるだけ...

筈だった。

『そういえばソフィア・V・ハーゼのことなのだけど...』

ソフィア...?あいつが会長に逆らっているのはよく見るから、会長も好きではないだろう。
犬猿の仲、という奴だな。

『次逆らったら生徒会メンバーとの接触を禁じようと思うの』

「は...?何故ですか...!?」

それは困る、だって俺はソフィアのことがっ...。

『私の大事な生徒会メンバーがあの女に感化されているのよ、本当に腹が立つ。だからよ。クラウディア、貴方やけに彼女の肩を持つじゃない、何か不満かしら?』

「いえ、何も...」

会長も悪い人だ、きっとソフィアと俺の関係に気づいているのだろう。会長の笑みを見て、そう確信した...。

【番外編】学園のパーティー→←私には犬猿の仲である後輩と使える駒がいる



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:派生作品 , 募集企画 , 絶対的階級の楽園 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

山田中(プロフ) - 凛月花さん» あわわ...!ありがとうございます...!アビスはちょっと死なせたいなぁと(((私もネタがなかったので、死ネタ書こう...!ってなったんですよね (12月6日 20時) (レス) id: 0a74f75e2d (このIDを非表示/違反報告)
凛月花(プロフ) - いつになるか分かりませんが、アビスちゃんの自殺を止めます!最新話が演出素敵だし辛すぎて、自分の方の物語の結末修正しました笑 自分でも元々考えていたのは納得できていなかったので今回の話で良いアイディア浮かんで良かったです、執筆ありがとうございます! (12月6日 19時) (レス) id: 16a1f91fe3 (このIDを非表示/違反報告)
山田中(プロフ) - 雛月いず/りぃふさん» あわわ。ありがとうございます!助けてあげてください...! (12月6日 7時) (レス) id: 0a74f75e2d (このIDを非表示/違反報告)
雛月いず/りぃふ(プロフ) - 失礼致します…!亡くならないよう、精一杯アビスちゃんのこと助けますね…!!! (12月6日 6時) (レス) id: 0b050cbadc (このIDを非表示/違反報告)
凛月花(プロフ) - 良ければ読んで頂ければと思います。 (12月4日 20時) (レス) id: 16a1f91fe3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:こるく | 作成日時:2020年11月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。