占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:629 hit、合計:265,577 hit

奮闘日記19 ページ20

エイラ「何をするのドフィ!」

エイラ父「やめてください!」


1通り撃ち終え再びエイラ達を見る。
2人とも恐怖にやられている。
そんなこともお構い無しに若は前へ出る。


エイラ父「そちらがその気なら…行きなさい!」

「俺のファミリーがそんなのにやられるとでも?」

『"インクシールド"』


私は胸ポケットに入れてきたボールペンのインクを口に入れ、液体のシールドを作り敵の砲弾を防ぐ。
そのまま敵に"インク弾"を撃ち込んで行く。


エイラ「ひっ…化け物…!」

『あんたその化け物の腹部刺したんだよ』

「フッフッフッ!俺は長い戦いは嫌いだ…首頂くぜ?」

エイラ父「ぐぁっ!」

エイラ「お父様…!」


皆各々に兵をなぎ倒していき若も躊躇なくエイラ達をコロしていく。
私は最後の仕上げとして残っている兵をインクの波で溺死させた。
実質、王国は滅んだようなものだ。


「お前ら、金品持っていくぞ」

『了解』


王宮内に入り金品を貰っていく。
私はエイラの部屋に入り武器や宝石をとっていく。

さよなら、お姫様。


「A、今日の帰りは全員で飯食って帰るぞ」

『分かりました』

「ご苦労だった」

『…若は仮にも婚約者になった人をコロしてどう思いますか?』

「フッフッフッ!そうだなァ…」


私は純粋な疑問をぶつければ、一瞬驚いたような顔をしたがすぐにいつもの笑みを浮かべ少し考える。

すると一気に体をひかれ若に後ろから抱きしめられ耳元で答えが帰ってきた。


「Aの事を愛してるからだ…」

『…はいはい』


少し掠れた色気を含んだ声で真剣に言われるものだから不本意ながらも顔が赤くなる。

私は精一杯の照れ隠しでいつも通りに振る舞うも、気づけば唇に触れる感覚に至近距離な若の顔。


『ん…!?』

「フフッ…これからは真剣に振り向かせてやるぜ?」


あぁ、また大変なことになりそうだ_

奮闘日記20→←奮闘日記18



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (165 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
371人がお気に入り
設定キーワード:ONEPIECE , ワンピース , ドフラミンゴ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

灰色キノコ(プロフ) - 続編を書いて欲しいです! (10月20日 20時) (レス) id: 3d63e53cce (このIDを非表示/違反報告)
ショコラ - 続編ぜひ書いてほしいです。ヴィンスモーク家の方の新作も、ものすごく楽しみにしています。 (10月20日 19時) (レス) id: 493e26d2cc (このIDを非表示/違反報告)
紅蓮(プロフ) - 続き楽しみに待ってます! (10月20日 1時) (レス) id: 219aa5a094 (このIDを非表示/違反報告)
楼亜(プロフ) - 猫子さん» この時間に見直して書き直したりしてて猫子さんのおかげで再度気をつけようと思いました…満足していただけるようにこれからも頑張ります! (9月16日 23時) (レス) id: d5768dd44b (このIDを非表示/違反報告)
猫子(プロフ) - 楼亜さん» いえ!こちらこそ気付いていらっしゃったのにわざわざ申し訳ありません汗 これからの投稿も楽しみにしています、頑張ってください!!! (9月16日 23時) (レス) id: 39b70e8246 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:亜藍 | 作成日時:2017年9月10日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。