占いツクール
検索窓
今日:165 hit、昨日:65 hit、合計:49,787 hit

★出会い ページ1

私は、A。
とある高校に通う、至って普通の高校2年生。

ただ、私はある日を境に『至って普通の』女子高生を卒業してしまうのである…

「はぁ〜授業に部活に疲れたなぁ〜…
早く帰ってUndertaleやらなきゃ!」

今、私はUndertaleというゲームにハマっている。寝る間も惜しんで進めている途中なのだ。

特に好きなのはSansというキャラだ。
彼はかなり人気なキャラで、数々の派生作品に登場し、様々なSansがいる。

私も派生作品(いわゆるAU)に興味を持ち、少しずつ手をつけ始めている。
今日はどのAUをやろうか、それとも本編を進めようか…そんなことを考えながらルンルン歩いていたものだから、足元にあった大きな黒いインクのシミに気づかなかった。

「ひゃあっっっ!!?」

そのシミに足を踏み入れた途端、私の体はズブッと音を立てて沈み、素っ頓狂な声を上げてしまった。
そのまま頭のてっぺんまで沈んでいき…

気づいた時には知らない場所だった。
体がふわふわと無重力空間で浮いてる感じ。
周囲は暖かな光で満ちていて、シャボン玉のようなものが沢山浮いている。

「やぁ、君がAちゃんだね?」

「うわぁっ!?」

ふいに後ろから声をかけられ驚きながらも振り向く。
そこに立っていたのは、長いマフラーを巻き大きな筆を背負ったスケルトン。

「もしかして、InkSansさん…?」

「あったり〜♪さすがAちゃん!」
「さてと、突然のことで混乱してるよね!ボクが状況を説明するよ!
まずここは、AUの狭間だ!あの1つ1つのシャボン玉の中にはAUの世界が広がってる!」

「だけど今、AUの中で異変が起きてる。」
Inkは声のトーンを落とした。
「それぞれのAUのSansが暴走を始めて、彼らの世界を壊し始めたんだ。」

「これはきっとAUの破壊を望むもの…ErrorSansの仕業だ。」

「Error…Sans…」
私も聞いたことのある名前だった。

「彼はそれぞれの世界のSansを操りAUの破壊をしようとしている。そしてそれが成功すれば今度はSansを1人ずつ消していくつもりだろう。」
「そこでAちゃん、君の出番なんだ!」

「え!?私!?」
状況を理解するのに精一杯だったところで、急に自分の名前を出されたので驚いた。
「私に、何が出来ると言うの…?」

「AUのSansたちをErrorの呪縛から解き放つ方法はただ1つ!『love』さ!」

Inkは満面の笑みでこう言ったのだった。

★love→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (79 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
66人がお気に入り
設定キーワード:Undertale , Sans
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ウォーター - 作者様ばんざい!!! (8月9日 5時) (レス) id: 72e668b58c (このIDを非表示/違反報告)
インク好き -   続編が出ること、とっっっっっっっっても嬉しいです! (8月5日 12時) (レス) id: 04f3e8aaa7 (このIDを非表示/違反報告)
いーある(プロフ) - ありがとうございます (6月23日 12時) (レス) id: 8362452570 (このIDを非表示/違反報告)
氷食家(プロフ) - いーあるさん» “ラストサンズ”ですよー! (6月23日 12時) (レス) id: 7b35d0ea6d (このIDを非表示/違反報告)
いーある(プロフ) - lustSansってどう読むんですか? (6月23日 12時) (レス) id: 8362452570 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:氷食家 | 作成日時:2017年12月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。