占いツクール
検索窓
今日:83 hit、昨日:11 hit、合計:75,936 hit

第54話 突飛 Side:ベルモット ページ32

「そもそも、あの部屋からどうやって出たのかだ」

厳重にも厳重を重ね、やり過ぎなのではと思うような監視の部屋から抜け出すのは不可能に近い。

組織はノックの存在を疑っていたはずだ。

それが間違いだったと…?

でも、だとしたら一体どうやって。

「あの薬」

薬とは、シェリーが開発していたあの。

愚かな研究だとは思っていたが、今は彼女の失踪で開発がストップしているはず。

そもそも、今はカルアのことを追いかけるのに必死でそれどころではないはずだ。

なぜ今更。

「カルアが調合指示を出したのは知っているな」

そりゃ。

天才が、また新薬を開発した、と話題になっていた。

体内から毒物反応の出ない、完全犯罪が可能となる薬。

だから、なぜ今……。

「……」

突然睨まれる。

黙って聞けということか。

仕方なく口を噤む。

「あいつの発想は突飛している。こちらが思っていることを優に超えてくる。となれば、こちらが思いつかないことを考えれば良い」

ガラスの中の氷が、カランという音と共に崩れた。

まさか!

いや、そんな…

いくらなんでもあり得ない。

そんなこと出来るわけが…

「それが出来るから天才と呼ばれてきた。これで合致がいく。部屋には『子供』1人が通れるくらいの、通気口があった」

唾を飲む。

浮かぶのはあの少年。

まさか……

ありえな……い、わけではない。

のかもしれない。

相手はあの天才。

突飛していても、おかしくはない。

湧き上がってくるこの感情の正体を私は知っている。

第55話 証明 Side:安室→←第54話 突飛 Side:ベルモット



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (134 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
906人がお気に入り
設定キーワード:男主 , 名探偵コナン , 天才   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

夏生莉緒(プロフ) - 威吹さん» ありがとうございます!頑張ります(^○^)これからもよろしくお願いします! (2018年9月10日 20時) (レス) id: 559e23e77e (このIDを非表示/違反報告)
威吹(プロフ) - 夏生莉緒さん» いえいえ。これからも頑張ってください!! (2018年9月10日 20時) (レス) id: 7f575b77c6 (このIDを非表示/違反報告)
夏生莉緒(プロフ) - 威吹さん» 直しました!ありがとうございます^ ^ (2018年9月10日 19時) (レス) id: 559e23e77e (このIDを非表示/違反報告)
威吹(プロフ) - 54話以降の蘭ちゃんの漢字が欄になってます。 (2018年9月10日 17時) (レス) id: 7f575b77c6 (このIDを非表示/違反報告)
夏生莉緒(プロフ) - 漣さん» コメありがとうございます!お待たせして申し訳ありません。亀更新なうえ、不定期で更新しますが、今後ともよろしくお願いします! (2018年8月4日 20時) (レス) id: e266ffce5d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:夏生莉緒 | 作成日時:2018年2月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。