占いツクール
検索窓
今日:3,548 hit、昨日:2,609 hit、合計:182,526 hit

14 ページ14

『な、なんでございましょうか……』




JM「彼氏居るの?」

『居ませんけど』

JM「ジョングクのこと好き?」

『大好きです、』

JM「あはは、ブラコン?写真いっぱい撮ってたもんね。」




バレてた。いつの間にか見てたのか。

冷や汗ダラダラの状態でまだにこにこ笑いやがるジミンくんを見つめていると床に置いていたカメラを取られた。

ま、まずい。盗撮が。バレちまう。

グクを撮っていたことがバレたとしてもジミンくん達も撮っていたなんてバレてはいけない!!






『ストォォオップ!!!!』


JM「うわっ」




カメラを取り上げた。


み、見られてないよな。油断禁物だ。この子、危ないぞ。直感でそう思った。







JM「……」

『…………』




JM「…盗撮が趣味なの?」


『だっ、だだ、断じてそんな訳では、』




慌てて首を横に振る。


その時、ジミンくんが顔を近づけてきた。

な、なんだ!!なんなんだ!







JM「今日ジョングクにあのビデオ渡したの、僕なんですよね。」



『…え?』







耳元でこしょこしょ話をされた。







思考停止。


び、ビデオって。昨日のやつ……じ、ジミンくんが……








JM「実はジョングクが1人でしてる所も撮ってたりするんですか?」



にこにこ笑って言ってきた。寒気がする。






『いや、ちが、』




JM「焦ってますか?」


『そ、そういうことでは、』





目の前がチカチカする。


焦ってますよ。そりゃ焦りますよ。高校生に詰め寄られて焦らないヤツがどこにいると言うんだ。
あいにく私は男に耐性がある訳でもなければ美女でもないのでこういうのは慣れてないのだ。


距離が近くて、慌てて後ろに下がった。








そんな私が馬鹿過ぎるとでも思ったのか、ジミンくんはクスクス笑って口を開いた。









JM「冗談ですよ。」







さ、最近の子はよくわからないものだ。

15→←13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (305 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1531人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Agust d(プロフ) - この物語は控えめに言って大好きです!!! グクがなにかと葛藤する姿も萌えます♪ 更新されたのですぐ飛んできました! ファイティンです♪ (9月7日 12時) (レス) id: fea73733b9 (このIDを非表示/違反報告)
Hikari - めっちゃ良いです!! 見ててにやけが止まりません! (8月22日 2時) (レス) id: 5d102a4ec9 (このIDを非表示/違反報告)
- まさかユンギさんとジョンのグクさんが照橋さんと同類だったなんて……やっぱりいつきさん最高です!! (8月19日 14時) (レス) id: ed2317b103 (このIDを非表示/違反報告)
いつき(プロフ) - kasuminmさん» 本当ですか!?嬉しいです…!!個人的にもこのお話が好きなので、そう言ってくださるととても嬉しいです…。これからも応援してくださると嬉しいです笑 (8月18日 21時) (レス) id: 317f2047c2 (このIDを非表示/違反報告)
kasuminm(プロフ) - 一気読みさせていただきました…!本当に好きですこの作品!!これからも応援してます!!!! (8月17日 1時) (レス) id: 723bbd8bf6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いつき | 作成日時:2019年7月23日 6時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。