占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:36 hit、合計:7,587 hit

11話 運命 ページ13

A「そんな…。」

いつのまにか隣合って居るAから驚愕の声が聞こえてくる。

自分の中でしっかり区切りをつけていたつもりだったが、やっぱり無理だ。

泣く。泣きそう。

好きな人に嫌われるのは、こんなにもつらくて、苦しいものなのか。

しかし、嫌われるのは、僕の運命。

そうでもしないと、ミハルたちが報われない。

でも…。

Aに嫌われるなんていやだ。

お願い、嫌わないで…。

そんな感情が、ふつふつと湧き上がってくる。

そんな相反した気持ちは、しだいに僕の心の中をぐちゃぐちゃにかきまぜていって、絶望のビートを生み出す。

息詰まるような不安。

しかし僕は、ただただAが次の言葉を紡ぎ出すのを待つことしかできなかった。

A「…チアキ。」

ふわっ…っと、僕は横から暖かくて、とても安心するものに、優しく包み込まれた。

それがAだ、と認識するのに、僕には少しばかり時間が必要だった。

チアキ「え…、A…?」

錆びついたように、僕の首はゆっくりにしか動かなかった。

でも、ようやくAが見えて。

なんで、どうして。

視界にいるAに。肩にかかっているAの重力に、存在に、優しさに。

理解が追いつかなかった。

Aは僕を嫌うはずなのに、なんで、こんなに、近くにいるの…?

どうして、こんなに、暖かいの…?


Aside

A「チアキ…。チアキ。」

いてもたってもいられなかった。

チアキに、そんなにも哀しい過去があったなんて。

そう考えると、どうしてもチアキを抱きしめたかった。

チアキが苦しい時に、私は何も出来なかったから。

だから。それなら、今しかない。

泣きそうなチアキの隣で、少しでも安心を与えてあげたい。

第一、私で効果があるのかは分からない。

でも、そんなことを考える暇は私にはなく、泣きながらチアキに抱きつき続けた。

チアキ「A...?な、んで...。」

なんで、って、私はチアキのことが好きだから。

好きだから、ずっと一緒にいたい。

A「だって...っ!チアキと、一緒にっ、居たかった、から...!」

泣きながらも、全力で話す。

チアキ「嫌いに、ならないの...?」

私が...?チアキを、嫌いに...??

A「なるわけないじゃん!だって...だって...!」

好き、言える自信がない。

でも、伝えなきゃ。

当たって砕けるなら砕けてしまえ。

A「チアキが、好きだから...!!!」

続く  (更新停止中) お気に入り登録で更新通知を受け取ろう

←10話 資格



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
設定キーワード:妖怪学園Y , 蛇山チアキ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- はじめましてでしたね。馴れ馴れしくてすみません 。応援してます! (3月1日 21時) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - 天さん» ありがとうございます!!頑張ります〜!! (2月28日 18時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
- 面白いです! 投稿頑張ってください! (2月28日 13時) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - アリスさん» はじめまして〜♪ありがとうございます!!嬉しいです!モチベ上がったんで更新頑張ります! (1月6日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
アリス - はじめまして!これからも応援してます!更新頑張ってください♪ (1月6日 6時) (レス) id: 76d2fea91c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲代 | 作成日時:2020年11月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。