占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:21,249 hit

1話 乱舞 ページ2





「こちら左文字隊、目標の本丸前に現着しました。どうぞ〜」



気の抜ける声が響いた。


この声の主である男を合わせ、この場には四人...いや、一人と三振りと言った方が良いのかもしれない。

その四人の唯一の共通点は腰に滞納してある刀のみであった。



「戦いは...嫌いです」


「全く...天下人であるこの僕をこんなところに連れてくるなんて...」


「...復讐?」


「お前らな...もうちょっとやる気出せよ〜」



三振りの呟きに、気だるそうにため息を吐いた男。

こう言っては悪いのだが、上下に着込んだジャージも相まってか、彼が一番やる気の無いように見える。

三振りのうちの一人が、みるみる顔をしかめた。


お前にだけは言われたく無い...と。



「...しかし、ここが本当に黒なのですか?」


「知らんがな。

上の偉いさんがそう言ってんだから、そうなんだろうよ」


「貴方ね...」



欠伸をしながらそう答える男を、先ほど顔をしかめた一人が目を細めてジト目で睨む。

そんな視線を男はさほど気にしていないのか、今度はぐるりと肩を回している。

戦いを嫌う男が、ヤレヤレといったように肩を竦めた。



「ったく、めんどくせ〜な〜!

とっとと終わらせて、帰って寝るぞ!!」


「書類を片付けてからにしてくださいね?」


「え?何だって?聞こえないな〜」


「...老化?」


「小夜ひどい...」



グスンと涙ぐむ男に、この中で一番小さい男がその背中を擦る。


因みに男は泣いてなど無い。



「よ〜し、突入するか〜!」




___お待ちください!




「うお!?」



中に入ろうと門に手を掛けた男...が、突如耳に響いた電子音に動きを止めた。

後ろに控えている三振りが、不思議そうに首を傾げる。



「み、耳が...」




___大丈夫でございますか!?




「...なんだよ、こんのすけ」



耳を塞ぎながら、その声の主である管狐...こんのすけに問いかけた。

男の耳には通信機が取り付けてあり、何故か音量がMAXになっていたのだ。


男はすぐさま通信機の音量を通常に戻す。




___はい!実はお知らせしたいことが...




「勿体つけずに、さっさと教えろ〜」



何故か口ごもるこんのすけ。

男は眉をひそめてその先を急かした。




___その本丸には、既に貞宗隊の方が...




「...は?」




___いや、だから...




「...またあのバカ宗隊か!?」



男の叫び声に、本丸の屋根に留まっていたカラスが羽ばたいて行った。

2話 天井裏にて→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (56 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
93人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , ブラック本丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ハルヒ(プロフ) - 臨兵闘者皆陣烈在前…アカン妖界ナビ・ルナしか浮かばんかった…そしてこの小説がとても好きです…ゆっくりでいいので更新待ってます…杏仁豆腐さん大好きです…(* ̄ii ̄)ハナジブォォォ← (2017年11月28日 14時) (レス) id: 852ed5590a (このIDを非表示/違反報告)
杏仁豆腐(携帯)(プロフ) - アッシュさん» その点に関しては申し訳ありませんでした。只今設定の方を載せましたので、何か不便な点がございましたら言ってください。 (2017年11月6日 22時) (レス) id: c00500378b (このIDを非表示/違反報告)
アッシュ(プロフ) - 設定無いのですか?初っ端から話が始まって何が何だか分からないです… (2017年11月6日 21時) (レス) id: 780afa92f9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:杏仁豆腐 x他1人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2017年11月5日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。