占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:69 hit、合計:42,816 hit

30 ページ30

降谷に助けてもらいたくなんてなかった。私のことを見下してる奴に助けてもらうなんて屈辱だ。それに、あの通り魔事件の時の少年がいなければ私は死んでたかもしれない。それも私からすれば屈辱で、そんな事だったら死んだ方がマシだ。

『私が捜査でミスをしたんだからこれは私の責任よ!!助けなんていらなかったわ!!』

降谷や自分への怒りが爆発し、降谷以外の人間がいるにも関わらず私は大声で怒鳴った。
猫を被るなんて、今の私には出来そうもない。

『迷惑なのよ!なんで助けたの!』

こないで!私の言葉に耳を貸さずに、降谷は目の前に立つ。
私に叱るの?私に怒鳴るの?私を叩くの?私の首を絞めるの?何をされるのかと考えて思わず降谷を睨む。

『降谷なんて大きら…………』

大嫌い。そう言いかけた瞬間、降谷が私を抱きしめた。

「………………無事でよかった」

その言葉に嘘なんてひとつもないように聞こえた。あぁ、純粋に私のことを心配してくれていたんだ。そう思ったら怒る気力なんてなくなってしまった。

『降谷のバカ、バカ、大バカ』

私はその言葉を発するのでさえ苦しかった。なんて言えばいいのか分からなかった。お互いに嫌いと言い続けて何年も経つ。そんな彼が私を心配して抱きしめるなんてありえない。

「生きてて、よかった」

降谷の抱きしめる力が強くなる。私はついに安心して涙が溢れだしてしまった。本当は怖かった。助けて欲しかった。でも、言えなかった。
他人の目なんて気にせず、私達はしばらく抱き合っていた。

31→←29



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
245人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なみ - とっても面白いです。更新楽しみに待っています!!続きが楽しみです! (8月8日 10時) (レス) id: 0ffda98372 (このIDを非表示/違反報告)
SHINO - 面白いです!更新待ってます! (4月14日 21時) (レス) id: 5129f74190 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:数の子 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年4月3日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。