占いツクール
検索窓
今日:34 hit、昨日:62 hit、合計:662 hit

成長して… ページ8

私の記憶の中のジホは子供っぽさで満ち満ちた普通の少年。

でも目の前にいる成長したジホは、何というか……大人の人って感じがして……

……かっこいい


ZC「なぁA。顔赤いけど平気か?熱でもあんじゃね??」


そう言ってジホが私の額に手を当てた瞬間、全身から火が出そうなくらい体温が上がった。


「……!!!/////」


二人ともビックリしてそのまま数分間フリーズ。

流石に私も我に帰った。


「あ…ご、ごめん!なんか見ないうちにジホかっこよくなってたから汗ビックリしちゃった!あはは…汗」


自分の反応に自らビックリしてたってのもあるけど……


ZC「かっこ……///って、急に褒めんなパボっ!!」


少し顔を赤くしたままジホは私のほっぺを大きな手でぐにっとはさんだ。

なんか無性に恥ずかしい……

この状況エンドレスな気がしてきた……


「ひほっ!ほのあろおーふんお?(ジホっ!この後どーすんの?」


なんか抵抗も面倒になって、挟まれたまま聞いてみる。

ジホはちょっと静止してからぱっと手を離した

ふぅ……解放された。

ほっぺをさすりながらジホを見る

ジホはスマホを確認して、よしっというと勝手に私の荷物を持ち上げどこかに行こうとした

えええ、行動が急すぎますよジホ殿……


「ちょっと待って!どこ行くのー?!」

ZC「あー……車の中で説明する!とりあえず今は俺についてこい!てかもう車来てるから早く乗れっ!」

「えええええ………」


こうなったらもう着いてくしかないかー

そう思って私は少ない手荷物を持ってジホのところに向かった。

成長して… ZICO side→←韓国へ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (5 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
16人がお気に入り
設定キーワード:BlockB , block.b   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たんぷん | 作成日時:2017年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。