占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:3 hit、合計:3,693 hit

プロの世界 ページ40

HA「はいっ!じゃあ個人撮影終わりよー!長めに休憩入れてあげるから、あんた達ご飯食べちゃいなさいっ!」

全「はーい」

HA「休憩の後は全体撮影やって終わりだから、頑張りましょうね!」

全「はーい」


幼稚園みたい()

いや、でも本当にすごかった……


「あぁ…本当にすごい……」


私は座っているすぐ近くにあるモニターに目を移した

さっき撮影されたばかりの写真が、次々と映し出される

一枚、また一枚…

全部の写真がイキイキしてて

呼吸をして、命を持っているようにすら感じる


マネ「どう?Aちゃん、勉強になるでしょ?」

「はい…!ものすごく!」


視線はモニターに向けたまま、私は大きく何度も頷いた

カメラを体の一部のように操ってたオンニ

たくさん声をかけて、メンバーと会話をしてたりするけど

決してベストショットを逃さない

当たり前だけど一番難しいこと


「私もオンニみたいなカメラマンになりたいです…!」

マネ「Aちゃんなら、ヒョアさんを超えられると思うけど?」

「ええ?!」


そんな…超えるだなんて…!

いや超えたいけども!!!

てかマネさん本当に笑いすぎ!

横ですごいケラケラ笑ってる…汗


「そっ、それにしても、メンバーも本当にアイドルなんですね!笑」


頑張って話をそらしてみた

でも言ってることは本心

宿舎にいる時とは大違いだなぁ笑


マネ「そうだな笑あいつら普段はただの悪ガキだから笑
あ、そう言えば、Aちゃんにあいつらのステージの映像見せたっけ?」

「いえ…?」

マネ「じゃあ、今日終わったら動画送ってあげるよ。きっとビックリするよ笑」


そんなに??

疑問に思いながらも私は頷いた


HA「A!撮影どうだったかしらー?」

「オンニ!本当にすごいです!!
写真が生きてるみたいで…私、絶対オンニみたいなカメラマンになります!!!」

HA「あら!もうAったら、可愛いことばっかり!
Aは私なんか蹴散らして、世界一のカメラマンになって頂戴っ(^^)」


オンニまで…!!!

本当に、嬉しいけどやっぱり不安が汗


HA「やっぱり急にカメラマンになるの不安かしら?」

「えっ?」


オンニ、エスパーですか…?


HA「大丈夫っ!Aは一人じゃないでしょ?
Block Bもいるし、マネちゃんもいる、私だってAを支えてあげるわっ!」

「オンニ…」

HA「だから不安なんて消しちゃいなさい!」


私は静かに頷いた

嬉しくてちょっと泣きそうだった事は

内緒っ笑

赤ちゃん長男→←化けた悪ガキ 2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
設定キーワード:BlockB , block.b   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - 毎回更新楽しみにしてます! (4月1日 20時) (レス) id: 2a775d9099 (このIDを非表示/違反報告)
toto(プロフ) - 楽しませていただいてます!応援してます(о´∀`о) (4月1日 16時) (レス) id: aef32fdf46 (このIDを非表示/違反報告)
らな(プロフ) - 面白いです(^^)続きってます!!! (3月31日 23時) (レス) id: 20d6271c1a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たんぷん | 作成日時:2017年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。