占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:77 hit、合計:3,966 hit

ターゲットUK ページ29

スマイルフォト作戦と称した私とテイリオッパとジフンの3人は、ターゲットの部屋の前まで来た

最初のターゲットはユグ


PO「最初は俺が…Aはちょっとの間しー…」


そう言ってジフンは軽く扉をノックする

うーん…応答なし


PO「ユグォニヒョン?ジフンです。出て来てくださいよー」

UK「…ジフン、悪いけどほっといてくれない?今誰にも会いたくない」

PO「Aヌナにも会いたくないんですか?」

UK「………」


ジフンの問いに、ユグの言葉が止まる

ユグ…私もやっぱり会いたくないかな……


UK「Aには会いたい。…けどあわせる顔がないよ…」


そんな、気にしなくていいのに…

さっきとは違うユグの暗い声に少し心が痛くなる


UK「…だから、Aにはごめんねって伝えてほ……」

「なんでユグが謝るの?」

UK「っ……!」

「あっ…」


あっちゃー…我慢できなくて喋っちゃった汗

けど2人は私に'大丈夫だよ'と言うように、微笑んで頭を撫でてくれた

あ…平気なのか……


UK「…Aいつからいたの……?」

「最初からいたよ」

UK「そっか……」


ユグの言葉がまた途切れた

うむ……ここは私から話すべきだなー?


「ユグ」

UK「何………?」

「私ユグにぎゅってされた時、すごいびっくりしたけど嫌じゃなかったよ?むしろ嬉しかったかも。」

UK「A…」

「まだユグと知り合ったばっかりだけど、私はユグのこと本当の家族と同じくらい大切に思ってる。
そんな大切な人に会えないのは寂しいなあって。」

UK「(ガチャッ)…A……」


私の言葉が終わるとすぐに部屋の扉が開いた

中から出て来たユグの目は泣いて赤く腫れている

私の名前を呼ぶユグは今にも泣きそうだった


TI「Aちゃんチャンスっ!」

「うんっ!」


テイリオッパに背中をぽんっとされたのを合図に

私はユグにカメラを向けた


「ユグとるよっ!」

UK「えっ?!」



カシャッ



カメラに映るユグは驚いた顔をしてる

うんっ…!笑

いい写真!!!


UK「ちょ…A急に何……」

「んー?あっ!ほらっユグいい表情してるよ?笑」

UK「へ?って…変な顔してるじゃん笑」



カシャッ



微笑んだユグにカメラを向けてすかさずシャッターを押す

今度のユグは、少し目の腫れた天使の笑顔を浮かべていた


UK「A撮りすぎー!!」

「ユグ元気になった?」

UK「うん。ありがとう笑」


よしっ!第一任務完了だ!

そう思いながら3人で小さくガッツポーズをした

ターゲットPK→←スマイルフォト作戦



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
設定キーワード:BlockB , block.b   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - 毎回更新楽しみにしてます! (4月1日 20時) (レス) id: 2a775d9099 (このIDを非表示/違反報告)
toto(プロフ) - 楽しませていただいてます!応援してます(о´∀`о) (4月1日 16時) (レス) id: aef32fdf46 (このIDを非表示/違反報告)
らな(プロフ) - 面白いです(^^)続きってます!!! (3月31日 23時) (レス) id: 20d6271c1a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たんぷん | 作成日時:2017年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。