占いツクール
検索窓
今日:34 hit、昨日:62 hit、合計:662 hit

救世主 ページ25

べしっ!
UK&PK「「いったぁ!!」」


ジェヒョオッパが叫んだあと

鈍い音と共にユグとキョンが声をあげた

そしてユグが力を抜いた瞬間、私の体が浮く


「…!!て…テイリオッパ?!」

TI「Aちゃん軽いー(^^)」

「ええええ」


私を下ろしながらニコニコしてるオッパ

私別に特別痩せてるわけじゃないのに

よく見ると肩周り結構ガッシリしてる……


PO「ヌナ痛いとこない?平気??」

「うん大丈夫。ありがとジフン(^^)」


テイリオッパのすぐ隣にいたジフンが心配そうに声をかけてくれた

本当にいい子だ…

じゃなくてこの状況……

私の前にはテイリオッパとジフン

ソファの手前には頭を抑えて座り込んでるユグとキョン

で、その2人の前に腕組んで仁王立ちしてるミニョクオッパ

そしてソファの背もたれに肘をついて呆れた表情をしてるジェヒョオッパ

か……カオス……?


PK「急にぶつなんてミニョギヒョン酷すぎっ!」

UK「本当痛っ……」

BB「急にぶたれるような事をしてたお前達が悪い。」

JH「そうだよまったく…あのまま喧嘩してたら、Aも巻き添え食らうところだったんだからね?わかってるの??」

UK&PK「「………」」


すごいやっちまった感溢れる表情の2人

空気がどんどん重く……

どうしよう…なんか、私が原因な気がしてならない…


「っ…あの……」

PO「ヌナは俺と部屋行ってよっかー(^^)」

「え?!ちょ、ジフン?!」


言葉を遮られた上、ジフンの部屋に連行される私

なんでえええええ

大きなマンネ→←戦争??



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (5 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
16人がお気に入り
設定キーワード:BlockB , block.b   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たんぷん | 作成日時:2017年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。